プリ小説

第38話

終焉
それから、どうにか誤魔化し俺達はリビングに戻った。
そこからはみんなでトランプをしたり、楽器を触ったり…舞達の家にはいろんな物がありそれも全部自分で買ったそうだ。
俺は携帯をポケットに入れたままトイレに
行く。手を洗っていると…
ピロンッ♪
倉持柊翔
ん、こんな時間に誰だろ…
トイレには落としたくない。リビングに戻ってからみよう。そう思ってリビングに行った時だった。
見えたのは、舞が電話を切るのと他のみんなが携帯を見たり、俯いている。
何だこの空気…
そう思いながらも、俺は携帯を開き確認する
倉持柊翔
は…?
09/14 00:00
To:GM
title:DEATH GAME
※これは地球上の全人類が対象です
※命令1まで続きます
※命令に背いた場合は全人類に罰を与えます
※命令に服従すれば我々が完全消滅となる

命令1:神崎舞は死ね
神崎舞
……。
すると、いきなり舞が抱きついてくる。
倉持柊翔
え…え?
スグに離れ、少し歩くと振り返った。
その表情は見たことない笑顔で、にこやかに微笑んでいる。目には薄ら涙。
神崎舞
…みんな、僕…いや、私のこと
忘れないでね。
そういい、いつも見る元気な笑顔になる。
そして、窓に向かって走り出した。
龍田斗真
え!?
倉持柊翔
ちょっ、舞!!!
舞は部屋の窓を開けて、ベランダに出ると
立ち止まった。そして振り向く。
神崎舞
……柊翔、斗真、大好きだよ。
そして、舞はベランダから飛び降り、闇の中に消えていった。
しんと静まる部屋の中……


ピロンッ♪
そして、床に落ちていた俺の携帯が光った…
画面に表示されたのはたったの一文。
『服従確認』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品にお気に入りをしてくださる方! ありがとうございます!! こんにちは、✨舞✨です! 更新日は決まっていませんがご了承ください😅 《連載中》 『元の世界へ』『復活ゲーム』 『君達の投票で命は決まる』 《予定作品》(内容考え中の作品) 『DEATH GAME 〜1.5〜』 『DEATH GAME Return』 《完結》 『DEATH GAME』シリーズ (?) 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『学校閉鎖』『天才ゲーム』 専用タグ↪︎✨舞✨ 考えがごっちゃになったら作品を消してしまうことが あります!本当にすいません🙇 基本👻ホラー👻を投稿する予定! ぜひ良かったら読んでみてください! ♡やコメントがあると、投稿の励みになりますので いつもしてくれる方、感謝しています!!