プリ小説

第27話

散歩
俺は舞に近付く、軽く肩を叩くと舞は警戒
した様子で俺を見た。
倉持柊翔
ま、舞…
神崎舞
…ごめん、柊翔。今は耳が聞こえないんだよね。
舞はいつもの表情で苦笑いを浮かべた。
倉持柊翔
何をしたんだろ…
地面に、『さっきは何をした?』と書いた。
神崎舞
…閃光弾。美琴は聴力を、僕は
視界を庇った。それが、結果を
分けたんだよ。
倉持柊翔
閃光弾、かぁ…
神崎舞
…もう僕達しか残っていないん
だよね。帰ろ。
俺は頷き、歩き出す。
少しすると舞の耳は聞こえるようになった。
倉持柊翔
何処に行く?
神崎舞
…柊翔の家に行こっか。
倉持柊翔
え?
神崎舞
え?って僕の家は…
倉持柊翔
あ、ごめん…
神崎舞
大丈夫…
俺の家に向かい部屋に入ると疲れている舞はスグに眠りについた。
倉持柊翔
そういえば…
俺はさっき携帯が鳴ったことを思い出す。
携帯を開くと…
倉持柊翔
は…?
08/24 00:00
To:GM
title:DEATH GAME
それでは、運命の9日目のミッション!

〜ミッション〜
神崎舞は倉持柊翔を殺せ。
失敗の場合は2人に心臓麻痺の刑を与える。
俺が一番来て欲しくなかったミッションだ…
横を向くと、舞が寝ている。
あまり気にはしなかったが、一瞬髪の一部が光った気がした。
倉持柊翔
どっちかが死ぬ…
ミッションを考えていると俺はそのまま眠りについてしまった。
朝になるが俺達は大人しく部屋にいた。
舞は携帯が鳴った時は耳が聞こえなかった
みたいで携帯を確認していない。
何も考えずに時間だけが過ぎていく。
遂に夕方になり、俺はいつも通りの姿を見せながら内心はかなり焦っていた。
そして、夜。俺は行動に出る。
倉持柊翔
…舞、散歩行かない?
神崎舞
散歩?いいよ、行こっか。
俺は舞の手を握り家を出た。
少し不思議そうな表情をしているが、俺には全てが思い出だから許してくれ。
だって、俺は……
……舞に殺されるつもりだから。
散歩として来たのは、響が落ちたあの崖。
ここは星空が良く見え、夏は特に綺麗だ。
神崎舞
星が…沢山あるね。
倉持柊翔
ああ…
俺は話しながら考える。
舞が俺を殺してくれる方法を。
考えた結果…したくないけど……
倉持柊翔
…舞の親っていいことしたんだな。
神崎舞
は…?
倉持柊翔
だってそうだろ、娘は男勝りで
女の子っぽく育ってくれない。
世の中で一番最悪な娘だ。
心の中で謝りながら言葉を並べる。
少し顔色を伺うとやはり、イラつきの視線に変わっていることが分かる。
そのまま、早く俺を…殺してくれ。
倉持柊翔
……舞は最低だよ。
神崎舞
…柊翔なんか大っ嫌い。
舞が言ったその言葉と同時に俺の体は浮いた
どうやら、響と同じ崖に突き落としたらしい
川にぶつかるまでただ単に上を見つめた。
その時、顔に水滴がついて、舞がこう呟いたような気がした。
神崎舞
…あぁ、なんでこんなところで
ミスっちゃったのかな……
そう思った刹那、俺は川に落下した。
川は激流、勢いづいて落下した俺は息を吸うことなんか出来ない。
斗真…舞冬さん、おばあちゃん…皆のところに俺も今…から…行く、よ………
そうして俺は目を閉じた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品にお気に入りをしてくださる方! ありがとうございます!! こんにちは、✨舞✨です! 更新日は決まっていませんがご了承ください😅 《連載中》 『元の世界へ』『復活ゲーム』 『君達の投票で命は決まる』 《予定作品》(内容考え中の作品) 『DEATH GAME 〜1.5〜』 『DEATH GAME Return』 《完結》 『DEATH GAME』シリーズ (?) 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『学校閉鎖』『天才ゲーム』 専用タグ↪︎✨舞✨ 考えがごっちゃになったら作品を消してしまうことが あります!本当にすいません🙇 基本👻ホラー👻を投稿する予定! ぜひ良かったら読んでみてください! ♡やコメントがあると、投稿の励みになりますので いつもしてくれる方、感謝しています!!
ホラーの作品もっと見る
プリ小説公式作品を読もう!