前の話
一覧へ
次の話

第37話

ㅤㅤ👼
1,922
2023/11/01 12:03






ㅤㅤㅤㅤ地下  、第二運動場  ─────



ㅤイフリート・ジン・エイト
ㅤㅤあなたちゃん  、言ってたよね ?ㅤㅤ 
ㅤイフリート・ジン・エイト
ㅤㅤ"  実技  "  が得意分野って( 笑ㅤㅤ 
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤま  、まぁ  、座学よりは  ……  .ㅤㅤ 

ㅤムルムル・ツムル
ㅤㅤ確かに実技に関しては
ㅤㅤ同級生よりは勝ってるね( 笑ㅤㅤ
ㅤモラクス・モモノキ
ㅤㅤでもあなたちゃんは  、
ㅤ 【 知識不足 】で【 経験不足 】ㅤ
ㅤイポス・イチョウ
ㅤㅤ無駄な動きが多過ぎる所があるㅤㅤ 
ㅤオリアス・オズワール
ㅤㅤ後は  、能力の扱いが雑だね( 苦笑ㅤㅤ 
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤごもっともです  …  .ㅤㅤ 


ㅤㅤㅤㅤ次々と言われる 、僕の欠点 .

ㅤㅤㅤㅤ天界に戦闘が存在していない分 、
ㅤㅤㅤㅤ僕が知識不足で経験不足なのは必然的 .

ㅤㅤㅤㅤただし 、魔界で生き残るには 、
ㅤㅤㅤㅤ慣れなきゃいけない .
ㅤㅤㅤㅤ出来なくてはならない物だろう .

ㅤマルバス・マーチ
ㅤㅤでも大丈夫 ! 今回は  、
ㅤㅤその為の授業なんだから( 笑ㅤㅤ
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤ改めて言われると  、
ㅤㅤふ 、不安になってきた … .ㅤㅤ
ㅤイフリート・ジン・エイト
ㅤㅤ大丈夫大丈夫 ! 僕達講師には  、
ㅤㅤとっておきの計画プランがあるから( 笑ㅤㅤ
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤえ  ?  ぷ  、計画プラン ?ㅤㅤ 


ㅤㅤㅤㅤすると 、先生方の顔が一瞬曇る .
ㅤㅤㅤㅤだが 、すぐさまニコリと笑顔になる .

ㅤㅤㅤㅤその時 、僕はほんの少しだけ 、
ㅤㅤㅤㅤ先生方に恐怖心を抱いたと言える .

ㅤ教師陣
ㅤ  「  俺  or  僕  or  私  」達の計画プラン
ㅤㅤ聞いてくれる「 かな or かしら 」?ㅤㅤ
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤゾク ッ( 驚怯ㅤㅤ 





────────




ㅤナベリウス・カルエゴ
ㅤㅤ本日の授業は以上  .ㅤㅤ 
ㅤナベリウス・カルエゴ
ㅤㅤ各授業での課題を忘れないように  .ㅤㅤ
ㅤナベリウス・カルエゴ
ㅤㅤでは全員  ─────ㅤㅤ 
ㅤナベリウス・カルエゴ
ㅤㅤこの後の特訓へ向かえ  .ㅤㅤ 



ㅤㅤㅤㅤぐでぇぇえぇぇ 〜

ㅤㅤㅤㅤそんな効果音が付くくらい 、
ㅤㅤㅤㅤ僕達は心身ともに疲れ切っていた .

ㅤㅤㅤㅤつ 、辛い … . もう辞めたい .



────────



ㅤシャックス・リード
ㅤㅤぶっちゃけどうよ( 🕯持ㅤㅤ 
ㅤシャックス・リード
ㅤㅤ皆気になっているんだろう ?ㅤㅤ 
ㅤシャックス・リード
ㅤㅤ講師と出会って二週間  …
ㅤㅤ他の皆が 、如何に
ㅤㅤおぞましい特訓をしているのか …ㅤㅤ



ㅤㅤㅤㅤいつもより薄暗い王の教室ロイヤル・ワン内で
ㅤㅤㅤㅤリード君が蝋燭を持ち 、話始める .


ㅤシャックス・リード
ㅤㅤまず ッ !! そこの
ㅤㅤしっとり濡れてる二人 !!ㅤㅤ
ㅤㅤびちょ ッㅤ ㅤ
ㅤガープ・ゴエモン
ㅤㅤ良くぞ聞いて下さった !!ㅤㅤ


ㅤㅤㅤㅤ蝋燭がガープくんの手に渡る .


ㅤガープ・ゴエモン
ㅤㅤ思い出すのも  、
ㅤㅤ恐ろしい話なのでござるが …ㅤㅤ


────────


ㅤウェパル嬢
ㅤㅤ貴方達の家系能力は強いわㅤㅤ
ㅤㅤでもそれは地上・・での話
ㅤウェパル嬢
ㅤㅤ家系能力が使えなくなる状況を知りㅤㅤ
ㅤㅤ克服する . これが私の考えた特訓 …ㅤㅤ
ㅤウェパル嬢
ㅤㅤだから  ─────ㅤㅤ 
ㅤウェパル嬢
ㅤㅤ水につけるのㅤㅤ 
ㅤアガレス・ピケロ
ㅤㅤん゛ー  !!!ㅤㅤ 



────────



ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤご  、拷問 !!ㅤㅤ
ㅤガープ・ゴエモン
ㅤㅤお陰でアガレス殿は
ㅤㅤずっと眠り続けているでござる !ㅤㅤ
ㅤガープ・ゴエモン
ㅤㅤく  、来る日も来る日も水責めでㅤㅤ 



ㅤㅤㅤㅤフッと消される蝋燭の火 .

ㅤㅤㅤㅤその次はリード君が語り 、
ㅤㅤㅤㅤロビン先生にしごかれてると .

ㅤㅤㅤㅤアスモデウス君とサブノック君は 、
ㅤㅤㅤㅤ一撃当てるまで帰して貰えないと … .

ㅤㅤㅤㅤ他の皆の話も聞くと 、
ㅤㅤㅤㅤそれぞれ頑張っていると分かる .


ㅤウァラク・クララ
ㅤㅤあなたちは !!?
ㅤㅤどんな特訓してる !?ㅤㅤ
ㅤシャックス・リード
ㅤㅤ僕達に共感しかしてないけど !
ㅤㅤあなたちゃんは 、不満ないの !?ㅤㅤ
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤないと言ったら嘘になるけど
ㅤㅤ皆程過酷じゃないと思うよ( 苦笑ㅤㅤ
ㅤイクス・エリザベッタ
ㅤㅤ因みにどんな事してるの ?ㅤㅤ
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤん  ?  あ  、全て・・だよ( 笑ㅤㅤ
ㅤ問題児
ㅤㅤえ  ??ㅤㅤ 



ㅤㅤㅤㅤ僕はボッと炎を出し 、
ㅤㅤㅤㅤ当たりを明るく照らす .

ㅤㅤㅤㅤそして流れココ最近の
ㅤㅤㅤㅤ流れを話し始める …… .



────────


ㅤ教師陣
ㅤ  「  俺  or  僕  or  私  」達は
ㅤㅤ君を 、悪魔学校バビルス1年生の中でㅤㅤ
ㅤ教師陣
ㅤ  【  最も完璧で優れた1年生  】に
ㅤㅤ育てる為に此処に来た ─────ㅤㅤ
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤは  ッ  …  !?!?!?ㅤㅤ 
ㅤイフリート・ジン・エイト
ㅤㅤさぁ  、始めようか( 笑ㅤㅤ 


ㅤㅤㅤㅤ僕に与えられた試練 …
ㅤㅤㅤㅤ一つ目は 、神術の扱いに慣れる事 .

ㅤㅤㅤㅤレベルㅤ精度ㅤを上げれば上げる程 、
ㅤㅤㅤㅤ勿論扱いは下手になる .

ㅤㅤㅤㅤ二つ目は 、神術のレベルㅤ精度ㅤを上げる事 .
ㅤㅤㅤㅤ勿論 、苦手な神術も克服する事 .

ㅤㅤㅤㅤ三つ目は 、体術を極める事 .
ㅤㅤㅤㅤ能力に頼るだけでは【 完璧 】とは言えない .

────────



ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤそんな感じで  、頑張ってる … よㅤㅤ 
ㅤクロケル・ケロリ
ㅤㅤ流石  、あなたちゃんね  …ㅤㅤ
ㅤアスモデウス・アリス
ㅤㅤあなた  、無理するなよㅤㅤ
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤだ  、大丈夫大丈夫  .ㅤㅤ 
ㅤイクス・エリザベッタ
ㅤㅤ少しはダラっとしたいわ  …  .ㅤㅤ
ㅤサブノック・サブロ
ㅤㅤ睡眠は欲しいな  .ㅤㅤ
ㅤシャックス・リード
ㅤㅤいまいち何の特訓か分からないしㅤㅤ 
ㅤシャックス・リード
ㅤㅤほんともうやってらんないよ  …ㅤㅤ 
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤこれも  、王の教室ロイヤル・ワンの為だよ  .ㅤㅤ
ㅤ問題児
ㅤㅤはぁㅤㅤ 




────────




INTPㅤ.ㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
ㅤㅤ現在  、フォロ限にするか悩み中(ㅤㅤ 
INTPㅤ.ㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
ㅤなってたらすみません  🥲ㅤ



プリ小説オーディオドラマ