第32話

ㅤㅤ👼
1,903
2023/10/27 12:00






ㅤライム
ㅤㅤあなたちゃん ♡ 次はこれよ ♡♡ㅤㅤ 
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤ……  は  ー  い( 苦笑ㅤㅤ 


ㅤㅤㅤㅤ試着室に入り 、カーテンを閉める .

ㅤㅤㅤㅤ服の系統は主に綺麗系で 、
ㅤㅤㅤㅤ後は 、クール系とかっこいい系 .

ㅤㅤㅤㅤ偶に網タイとか胸元が空いてる物とかも … .


ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤ着れましたよ  ー  ってあれ  ?ㅤㅤ


ㅤㅤㅤㅤそこに居る筈のライムさんが居ない .

ㅤㅤㅤ 「ㅤライムさんは … ?ㅤ」
ㅤㅤㅤㅤと問うと 、服の会計に行ったと .

ㅤㅤㅤㅤパッと足元にあった筈の
ㅤㅤㅤㅤカゴが無くなっている為 、あぁ . と納得 .


ㅤイフリート・ジン・エイト
ㅤㅤそういえば  、あなたちゃん
ㅤㅤその服とても似合ってるよ( 笑ㅤㅤ
ㅤムルムル・ツムル
ㅤㅤうんうん !!
ㅤㅤめっちゃ 、かっこいい !ㅤㅤ
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤ本当ですか  ー  ?( 笑ㅤㅤ 
ㅤイフリート・ジン・エイト
ㅤㅤ本当だよ( 微笑ㅤㅤ 
ㅤムルムル・ツムル
ㅤㅤマジマジ !ㅤㅤ 




─────






─────



ㅤㅤㅤㅤ何だかむず痒いなぁ  … ( 照
ㅤㅤㅤㅤとか内心思いつつ 、顔には出さない .

ㅤㅤㅤㅤ言ったら絶対揶揄われるから .

ㅤㅤㅤㅤ優し過ぎていつも忘れちゃうけど 、
ㅤㅤㅤㅤこの悪魔ヒト達は 、悪魔なんだよな … .



ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤふふ  、有難う御座います( 笑ㅤㅤ
ㅤイポス・イチョウ
ㅤㅤう  ー  ん  .ㅤㅤ 
ㅤムルムル・ツムル
ㅤㅤどうしたんだ ?ㅤㅤ 
ㅤイポス・イチョウ
ㅤㅤいや  、その服着て
ㅤㅤお腹冷やさないようにね ~ って .ㅤㅤ
ㅤイフリート・ジン・エイト
ㅤㅤあ  、確かに  .ㅤㅤ 
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤふふ  、大丈夫ですよ  .
ㅤㅤちゃんと気を付けますんで !ㅤㅤ
ㅤムルムル・ツムル
ㅤㅤ季節の変わり目は  、
ㅤㅤ特に気を付けないとね( 微笑ㅤㅤ
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤはい っ( 👍🏻ㅤㅤ 


ㅤㅤㅤㅤエイトさん達と話している間に
ㅤㅤㅤㅤライムさんが会計から戻って来た .


ㅤライム
ㅤㅤお待たせ ♡♡ㅤㅤ 
ラヴァート・(なまえ)ㅤ
ラヴァート・あなたㅤ
ㅤㅤあ  、ライムさん っ( 笑ㅤ ㅤ
ㅤイポス・イチョウ
ㅤㅤライム先生  、荷物持ちますよ  .ㅤㅤ 
ㅤライム
ㅤㅤあら  、ありがとう ♡ㅤ ㅤ
ㅤムルムル・ツムル
ㅤㅤ次は教材選びか … .ㅤㅤ 
ㅤイフリート・ジン・エイト
ㅤㅤ行こうか  、あなたちゃん  .ㅤㅤ 



ㅤㅤㅤㅤスっと手を差し出され 、
ㅤㅤㅤㅤ僕はその手を軽く握る .

ㅤㅤㅤㅤそう言えば 、手を握ったのは
ㅤㅤㅤㅤあの時・・・ぶりか … 、懐かしいな .

ㅤㅤㅤㅤそう考えながら 、
ㅤㅤㅤㅤ僕達はお店を後にした .



─────



INTPㅤ.ㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
ㅤㅤあの時とは  、天使ちゃんが
ㅤㅤエイト先生と出会った時の話ですㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
ㅤㅤあの時は信用も信頼もなかった
ㅤㅤでも今は違うよ . という話 🖐🏻♡ㅤㅤ


INTPㅤ.ㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
ㅤㅤ天使ちゃんのイメージビジュ的には
ㅤㅤかっこいい系の服が似合うんですよㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
ㅤㅤ本人も自分なんて可愛くない  .
ㅤㅤそう考えてた筈で 、制服とかも
ㅤㅤ抵抗がある前提で書いてたんですㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
INTPㅤ.ㅤㅤ
ㅤ  でも周りから可愛い可愛いと言われ
ㅤ 少し変わったという設定も 👉🏻👈🏻💭ㅤ



プリ小説オーディオドラマ