無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

ヒーローになる為に
you
you
なんの音?
轟焦凍
気にせず走れ、あなた
you
you
っ、うん!
逃げる。
ひたすらに
がむしゃらに
15分ほど立った。
全力疾走で15分間は流石に疲れた。
轟焦凍
ふりまけたか?
you
you
ちょっと待って……………うん、
もうあの場所から離れたみたい
ヴィランのところに黒霧を残しておいてよかった。
索敵にも使えるので便利なのだ。
轟焦凍
別の場所に移動か…………
他の奴らが狙われるかもだな
you
you
えっと、私達の順番のあとは………
梅雨ちゃんとお茶子ちゃんだったよ
轟焦凍
そっちに向かったかもしれないな
you
you
助けに行くの?
轟焦凍
でも個性は使えない……
一旦、先生のところにいこう。
それが最善だな
you
you
そう、だね
この状況で助けに行けるわけがない。
しかし、ピクシーボブのところにもヴィランが攻めてきている可能性もあるのだ。
念の為、索敵を入れてみた。
大体の位置はわかるので、そこに黒霧を発生させる。
you
you
!?
轟焦凍
どうした、あなた
you
you
ピクシーボブ達のところにも
ヴィランが複数いる………
轟焦凍
っ………
立ち止まってしまう。
行ったところで負担を掛けさせるだけ……
you
you
ふと思い出した。
あの地鳴りを
you
you
確か………崖の上の洞窟の方向で
地鳴りがしたよね?
轟焦凍
ああ……………!
焦凍も気づいたみたい。
轟焦凍
緑谷が行った場所だ
you
you
うん…………見ていたのも悪いけど
役に立ったね
こうたくんに、カレーを届ける為に行ったのだ。
その時、私と焦凍は見ていた。
山に入っていき、洞窟の方向へと行く姿を。
轟焦凍
ヴィランと遭遇したのかもしれないな
you
you
それで個性を使った………
うん、ありえるよ
轟焦凍
…………………今からでも間に合うか?
you
you
わからない………
でも、やって見る価値はあるよ?
デクくんが危ないのも出し、
なにより
轟焦凍
ヒーローの卵だからな
二人でニヤリと笑う。
you
you
ごめんね、突き合わせちゃって
轟焦凍
しょうがないだろ
二人は方向転換
崖の上の洞窟近くを目指して、最短距離で走り出す。
you
you
あとからたっぷり怒られようか、焦凍
轟焦凍
ああ………行くぞ、あなた
you
you
うん!
焦凍とはこれで、初めての連携を取る。
ヴィランは強敵だ。
簡単に倒せやしない
だから、




























共闘だ。