無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

見直し
麗日お茶子
おおっ!あなたちゃん!
もう起きて大丈夫?
you
you
大丈夫だよ
焦凍に先生を呼んでもらい、待っていたらすぐに来た。
その後にものすごく怒られた。
相澤消太
無理はするなよ………
いや、無理をしろ!でもそれじゃあ…
慌てふためく相澤先生は面白かった。
個性を伸ばしたいのに無理はするなはダメだし、個性は無理する程度がちょうどいいのだから。
その後、しばらく訓練メニューについて相談して、丁度みんながカレーを食べる時間に合流できたのだ。
you
you
ごめんね、私何も
手伝ってないのに食べちゃって……
芦戸三奈
問答無用!
どうどう?
カレー美味しい?美味しいよね!
you
you
うん!
カレーを食べた後、宿泊施設へと戻った。
その廊下で
爆豪勝己
おい待てや、意味不女
you
you
…………私?
爆豪勝己
他に誰がいんだよ
かっちゃんに話しかけれた。
爆豪勝己
お前の個性はなんだ
you
you
直球だぁ………
爆豪勝己
なんかもんあんかよ!
you
you
(女子とか焦凍にも言ってないのに………
 どうしよ?)
you
you
…………………私の個性は『万物腐敗』。
この世の万物すべてを
腐敗することができる個性だよ
言うことにしたからには、簡潔にわかりやすく、手短に話した。
爆豪勝己
あのとき個性が
使えなかったのは
そうゆうことだったのか……
かっちゃんはしばらく考えて結論が出たみたいだった。
あの時というのは多分、1on1の決勝の時のことだろうな。
you
you
………頭硬そうに見えて
 結構回るのか……
爆豪勝己
あぁ?なんか言ったか?
you
you
何も
爆豪勝己
聞きたいことは聞けたからな、
じゃあな
you
you
…………うん
爆豪勝己
………ありがとな
you
you
!?
ボソッて言った!
あのかっちゃんが?!
you
you
……………
しばらく、呆然と驚きで立っていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相澤消太
おい、篠崎
you
you
…………あっ、はい!
やっと我に返った。
相澤消太
明日の訓練の件だけどな
you
you
今日のとは少し違うんですよね?
相澤消太
ああ。
取りあえずは、な
you
you
頭に入れときます。
後、倒れない程度に死力を尽くします
相澤消太
それでいい
かんたんなやりとりはすぐに終わったので、
風呂に入ってサッサッと寝ることにした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次の日
マンダレイ
今日も頑張るぞー!
ハードかよ……
マンダレイ
飴と鞭だから!
頑張ろー!
相澤消太
じゃあ、今伝えた通りにしろよ
you
you
はい!
今回は主に腐敗靄の濃度の変換だ。
程度を考えてしないと殺してしまうから。
木の葉を使って、完全に腐敗させたり中途半端に、半分だけとかを実践した。
これが意外と難しく、はじめの10回くらいは慣れなくてできなかったけど、それ以降は成功率も上がりいい感じになった。
you
you
よしっ
ふと周りを見渡す。
you
you
皆、頑張ってる…
死に物ぐらいで、個性を伸ばすために
ヒーローになる為に
you
you
頑張ろっと
私もヒーローになりたいから。