無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

ヴィラン
霧が起こった。
言葉のまんまで
you
you
なに、これ?
轟焦凍
吸うなよ、あなた
害があるかもしれない
you
you
うん
腕で口を隠し、極力吸わないようにする。
でも、焦凍冷静すぎで心の中では戸惑った。
でも、これは何なんだろう?
焦凍の肩を叩いて、肝試しコースの帰り道を目配せする。
は、や、く、い、こ、う
コクリと頷いてくれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
霧を吸わぬよう、口を塞いで移動していた最中。
突如として驚異は現れた。
トガ・ヒミコ
あれれれー?
こんなところにいましたかぁ?
you
you
だれ?
轟焦凍
ヴィランだ!!
you
you
!?
戦闘態勢に構えて、視線をヴィランにうつす。
トガ・ヒミコ
ありゃりゃ?
あなたは誰ですか?
書類にありませんでした
あなたの方を見て言う。
you
you
………
轟焦凍
逃げるぞ
you
you
どうして?倒さないの?
轟焦凍
俺達は勝手に個性を使ったらいけないだ!
先生の許可がないと……
犯罪になる!
確かにそう言った。
you
you
っ!わかった
相手に対する敵外行為が駄目なら………
轟焦凍
あなた、はやく!
you
you
うん!(自衛ならいいでしょ、)
個性『万物腐敗』
黒霧でめくらましがわりにする。
トガ・ヒミコ
逃さないよー!
煙をきって追いかけてくる。
轟焦凍
くそっ!
you
you
焦凍!
なかなかしつこい。
でも、もうすぐ肝試しのスタート地点。
そこにさえ行けばーーーーーー
you
you
え?
トガ・ヒミコ
つーかまえた♪
針が太ももに刺さる
you
you
ゔっ!(いつの間にっ!)
轟焦凍
あなた!
焦凍の個性で無理やり離す。
トガ・ヒミコ
もぉ、邪魔しないでよねっ
距離をとったトガが再び、短剣を構え突っ込んでくる。
you
you
邪魔はさせないっ!!
トガの短剣を実弾の入った銃で打つ
と言っても、ゴム弾に99%の腐敗靄をまとわせたものだ。
これはかなりの威力となる。
you
you
くっ
ふらついてしまう。
轟焦凍
大丈夫か?
you
you
うん、平気。
焦凍は?
轟焦凍
俺も大丈夫だ
you
you
なら急ごう。
走って
轟焦凍
いくぞ
トガはあなたの腐敗弾により、右足が痙攣してしばらくは動けないのだ。




















時間が惜しい。
そう思ったとき
      ドガーーーーーーーーん!!!!
崖の崩れる重々しい、音がした。