無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

困惑
you
you
デクくん!
緑谷出久
あれ、篠崎さん…
心なしか、デクくんはつかれたように見える。
you
you
っ……
大丈夫、なんて言葉入っちゃいけない。

そう思った。
you
you
帰ろ、デクくん。
皆、待ってるよ
緑谷出久
うん、ありがとう篠崎さん
you
you
どうしてお礼をいうのかな?
緑谷出久
僕一人だと、心細かったよ
あんなことがあったばっかりだからかな?
私にはわからない。 

でも、私にできることはこれだけだから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
林間学校が始まった。
今は、A組とB組のバスにそれぞれ乗るところだ。
麗日お茶子
デクくん!ついに、林間学校の始まりだね
緑谷出久
えっあっそうだね!麗日さん!
緑谷出久
(ちっ近い!)
麗日お茶子
どうしたの?
緑谷出久
いっいやぁ、その……
デクくんの反応を見て、お茶子ちゃんの顔が段々と赤くなる。
麗日お茶子
合宿!合宿!合宿!
手を叩きながら、踊る。
上鳴電気
合宿!合宿!
芦戸三奈
合宿!合宿!
you
you
賑やかだね、デクくん
緑谷出久
そうだね。
そうやぁ、ここ最近麗日さんの
様子がおかしいんだけど、
なにか知ってる?
you
you
んー、わかんないや
you
you
ねぇ、バス隣に乗っていい?
緑谷出久
えっあっうん、いい
轟焦凍
あなた、俺と乗るぞ
デクくんと話している途中で、焦凍が入ってきた。
you
you
うん、いいよ
轟焦凍
行くぞ、話があるんだ
you
you
分かった
焦凍は先に行ってしまう。
ついてこいということだろうか?
you
you
ごめん、デクくん
緑谷出久
気にしないでいいよ、篠崎さん
you
you
………今度からあなたってよんで
緑谷出久
えっ?
戸惑ってるみたい。
you
you
私達………友達でしょ?
デクくん、キョトンとしている。
わたしが恥ずかしくなってきた。
you
you
………じゃあ、焦凍のほう行くから
逃げよう。これ以上いたら、おかしくなる。
緑谷出久
えっあっ、うん!
また後で………あなたさん!
you
you
うん!
さんずけたけど、嬉しいものだな。
自分の名前が呼ばれるのは。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
you
you
焦凍、話しって?
バスの中で聞いてみる。
私が女子友に、焦凍と座るといったらものすごくニヤニヤされた。
はずかしかったなぁ……
轟焦凍
お前の個性ってなんなんだ?
you
you
秘密って言ったよね
轟焦凍
いや、無理に言う必要はないんだ
轟焦凍
ただ、オールマイトや爆豪に勝った理由が知りたいだけだ…………スマン
you
you
…………あれは単なる技術に過ぎないよ
轟焦凍
you
you
護身術ってやつと、
個性の制御、それらをうまく使えば、
圧倒的な相手にでも勝てる
それだけだ。
轟焦凍
それでも、あなたは凄いな
you
you
ふえっ?
轟焦凍
だって、その力はあなたが
努力して身につけたもので
お前の力なんだから
you
you
………そんなことないって
轟焦凍
でも、参考になった。
ありがとな、あなた
当然のことを行ったまでなのに……。
御礼を言われる。
私には分からない。
you
you
うん……どういたしまして
それから、私は焦凍と何気ない話をした。
めったに喋らないから、新鮮味を感じた。
わからないことが多いけど、
ほんの些細な出来事をこんなに、
こんなに、愛おしく、楽しく思えるのは欺瞞なのだろうか?