無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

肝試し
マンダレイ
飴と鞭!
ピクシーボブ
今から飴を与えるよー!
訓練の後、夕食を食べて、合宿所の外の庭に集まった。
芦戸三奈
肝試し!!
上鳴電気
うえーい!
B組が脅かし役で、A組が回る方だ。
マンダレイ
ルールはかんたん!
マンダレイ
コースの中心地点で名前を書いて戻ってるだけ!
イメージ図↑(雑でスミマセン)
相澤消太
あー、んん
わざとらしい咳払い
相澤消太
補修組は連れて行くから、
あとは頼んだぞマンダレイ
芦戸三奈
えぇぇぇ!?
上鳴電気
飴と鞭じゃないんですかぁぁ!?
連れて行かれる三奈をみると、こちらが後ろめたい気持ちになってしまう。
you
you
………大変そうだね
麗日お茶子
まっ、まぁ……
皆の分まで楽しもう!
ピクシーボブ
くじ引きでペアを決めるよぉー!
ひいてみる。
6番と書いてある。
同じ番号の人を探せばいいのかな?
轟焦凍
あなた
you
you
焦凍!何番だった?
轟焦凍
6番だ
you
you
同じだぁ!一緒のペアだね!
轟焦凍
よろしくな
他のペアがどんどん進み、あっという間に自分たちに順番が回ってきた。
轟焦凍
行くぞ
you
you
うん!
手をつないでくれた。
さり気なく
コースをしばらく歩いても特に何もない。
と思ったその瞬間!
地面から顔が!
轟焦凍
you
you
止まっちゃった………
轟焦凍
……………行くか
you
you
……………うん
とりあえずスルーの方向で……







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それ以外の脅かしはあんまり怖くなかった。
名前を書いて戻る道中で不意に空を見つめた。
you
you
あっ
轟焦凍
どうしたんだ、あなた?
you
you
夜空…………きれいだね
轟焦凍
ああ……綺麗だな
一人で見る星空はなんとなく寂しかった。
星を見て探すのは楽しい。
けど、分かち合う人が居なかった。
二人で見る星空は、不思議と特別に思えた。
you
you
あれが、北斗七星。
宇宙のはるか彼方にある、
大体の位置で北に属する星だよ、焦凍
轟焦凍
…………
you
you
あっ、あれが水瓶座。
Y字のやつ!
あれは三ツ矢って呼ばれてるの
轟焦凍
…………本当に星、好きなんだな
you
you
うん!
轟焦凍
どうして、好きなんだ?
you
you
ほら、お星様は夜にだけ輝くんだよ?
轟焦凍
そう、だな?
you
you
それって、影で活躍する
ヒーローに見えない?
夜にだけ現れる希望の光。
とても素敵と思わないかな?
轟焦凍
……………
you
you
……………やっぱり……おかしいよね?
轟焦凍
そんなこと……ない。
でも、とうして日向じゃないんだ?
you
you
日向は………眩しすぎるからね
轟焦凍
そうか
静かな会話。
脅かし役は現れない。
轟焦凍
………夜にだけ輝くか
you
you
轟焦凍
確かに………素敵、だな
you
you
うん!
あったかい
笑顔に包まれて、私もそのまま話すことができた。
こんなに話したのは久しぶりだ。
いつも聞き手に回ってて、周りに話を合わせていたから。
自分のこと、





相手のことを話して聞いて、






『知る』ということはこんなににも、楽しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
脅かし役のB組生徒は
鉄哲徹鐵
なんだなんだ!?
付き合ってんのかぁ?!
拳藤一佳
しっ、鉄哲!
いい感じの雰囲気なのに!
ワクワクしながら見ていた。