無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

合流
コスチュームに着替え、場所を移動する。
「希少指輪」の個性の一つ、『空中独歩』を使用し、全速力で駆け出す。
目立たないように、路地裏やらなんやらの人気の少ない場所の最短ルートを通っていく。
菜々伏ロロ
菜々伏ロロ
『もうすぐ着く。心の準備はいいかい?』
you
you
勿論
     












ヴィランのアジト。
かっちゃんが捕まっている。
警察「おい、ここは関係者以外立入禁止だぞ」
you
you
私はプロヒーロー「零」です
証拠はここに
警察「しっ、失礼しました。こちらへどうぞ」
オールマイト
君は………篠崎少女!?どうしてここに……
you
you
私がプロヒーローだからですよ。
オールマイト
私のコスチュームは軍服だ。
スカート式のやつで、防弾チョッキも着ている。
オールマイト
君が?
でも、免許は
you
you
あります
オールマイトは驚いていた。
オールマイト
………いつ受けたんだい?
you
you
中学三年生ですよ
まあ、詳しい話はことが片付いてからです
オールマイト
エッジショット
ーーーーーー零じゃないか
you
you
エッジショットさん………
お久しぶりです
シンリンカムイ
君も手伝ってくれるのか
you
you
シンリンカムイさんも
オールマイト
知り合いかい?
you
you
はい。
私がヒーロー活動していたときに
会いました。基本的私は裏方だったので
シンリンカムイ
今、いくつなんだ?
you
you
高1です
シンリンカムイ
しばらく顔見せてないからな 
学業に専念してたのか
you
you
はい。せっかく、
雄英高校に入れたんですから
エッジショット
君がこの作戦に加わってくれるのなら、
頼もしい。成長したかどうか、
見極めさしてもらおうか
you
you
精一杯頑張りますね
オールマイト
…………
オールマイトはなんとも言えがたい難しそうな顔をしていたが、作戦には入れてもらえた。








作戦の確認が取られた。
you
you
私に案があります
オールマイト
でも今の作戦の方針は変えられない
you
you
はい、そこは同じでいいんです
ただ、かっちゃんの救出法についてです
話し合った。
オールマイトは心配そうにしていたが、シンリンカムイやエッジショットの言葉で一応、賛成してくれた。
菜々伏ロロ
菜々伏ロロ
『作戦はあるのかい、あなたちゃん』
you
you
………また、リングに頼っちゃうけど
菜々伏ロロ
菜々伏ロロ
『構わないさ
どうせ、個性も使うんだろ?』
you
you
まあ。主は個性になるね
作戦開始は5分後。
雄英高校の会見が終わった直後だ。
you
you
……待っててねかっちゃん 
助けるから、絶対に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
久しぶりの本編更新です! 
お楽しみくださいね