無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

探し物
you
you
おはよう…………
時刻は5時ピッタリ。
you
you
そっか、寝ちゃったんだ
寝ぼけた思い体を無理やり起こして、洗面所へと行く。

顔を洗い、着替える。
もちろん、制服だ。
you
you
えっと、早く食べることってできたっけ
ー共同スペースー
緑谷出久
あれっ?篠崎さん?
you
you
デクくん、汗だくじゃん
緑谷出久
自主錬してたんだ
you
you
えらいなぁ
you
you
あっ!そうやぁ、朝食って早く食べていいのかな?
緑谷出久
うん、早く食べていいって
相澤先生も言ってた。
でも、篠崎さん、用事でもあるの?
you
you
えっと、早く学校に行ってね
忘れ物取りに行きたいんだ
緑谷出久
宿題とか?
you
you
うん…………まあ、そんな感じかな
you
you
デクくんは?
緑谷出久
僕は部屋に戻ろうと思って
you
you
うん、お疲れデクくん。
皆に、言っておいてね
緑谷出久
分かった篠崎さん。
いってらっしゃい
you
you
うん!
ご飯をかんたんに済ませて、荷物を持って寮を出た。
ー教室ー
you
you
んー、ないなぁ
机の中を探してもない。
考えられるとしたら、相談室か職員室。
まずは職員室にいくことにした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コンコンコン。
you
you
失礼します
オールマイト
おお!篠崎少女、おはよう!
you
you
おはようございます
オールマイト
なんのようかい?
you
you
落とし物しちゃったみたいで……
オールマイト
ふぅむ、私は結構前に来たが
何も見なかったぞ?
you
you
そうですかぁ………
you
you
あのロケットペンダントなんです
you
you
もしかしたら、
相談室にあるかもしれないんですけど……
オールマイト
そうか!
だったら、一緒に探そうじゃないか篠崎少女!
you
you
えっ、悪いですよ。
オールマイトに手伝ってもらうなんて…
オールマイト
構わないさ
you
you
……お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ー相談室ー
you
you
あった!!
扉の端の方におちていた。
暗くて見えにくかったようだ。
オールマイト
よかった、よかった!
you
you
………………………
you
you
あの、先生
オールマイト
ん?なんだい篠崎少女?
you
you
…………相談の続きがしたいので、
相澤先生読んでくれませんか?
昨日はムキになりすぎて、色々と話すことを忘れてしまっていたのだ。
オールマイト
わかったぞ、篠崎少女!
でも、私も相席していいかい?
借りにも君たちの先生だからな!
you
you
はい、お願いします
好意には素直に甘えておくのがいいのだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相澤先生を呼んでもらい、向かい合う形で二度目の相談をする。
お眠りな先生も文句を言わずに、話を聞いてくれることにとても嬉しかった。
相澤消太
で、なんのようだ?
少し、不機嫌そうだが……
you
you
まず、この前はごめんなさい
相澤消太
仕方がないさ
you
you
で、本題です
緊張感が部屋に走る。
you
you
殺人未遂の件…………………
私が、私が親を殺したんです