無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

リング
いわゆる、脚力で飛んでるわけだが
いつまでも持つわけがない。
だから
you
you
(個性『空中独歩』)
空気を足場にして走るような感じ。
だがーーーーーーーーーーーーリングが割れる。
パシンーーーーーーと。
you
you
(やっぱり壊れちゃった………
 ごめん、ロロちゃん)
リングは使用数がある。それを使い切ってしまったのだ。
壊れてしまうのも仕方がない。
you
you
これなら追いつけるっ!
個性『空気独歩』の使用時間リミットは3分。
ぎりぎりってとこだ。急がないと……
   















一方。ヴィラン。
荼毘
ん?
不意に上を向く。
大きな衝撃音とともにMr.コンプレスが落ちてきた。
雄英生徒四人とともに。
緑谷出久
かっちゃんと常闇くんを返せ!
トゥワイス
知ってるぜこのガキ共!
だれだ!
荼毘
Mr.、避けろ
Mr,コンプレス
ラジャー
するとのしかかっていたはずのコンプレスは変形し、消える。
それと同時に、蒼い炎が襲う。
焦凍と障子は避けられたが、デクくんは右手にあたーーーーーー
you
you
デクくん!
らなかった。
you
you
(よかった……
 ぎりぎり間に合った……)
轟焦凍
あなた!
you
you
!焦凍危ない!
轟焦凍
!!
トゥワイス
こいつ、死柄木の殺せリストにいたぜ
轟焦凍
っ、
焦凍はトゥワイスに攻撃されそうになるも、氷の壁で防御する。
トゥワイス
熱っ!
冷た!!
トガヒミコ
トガ!トガですぅ、出久くん
倒され馬乗り状態にされる。
トガヒミコ
さっきも思ったけど、もっと血
出てたほうがカッコいいよ、出久くん!
ナイフを振りかぶり
障子目蔵
緑谷!
トガヒミコ
!!
吹き飛ばされる。
トガヒミコ
邪魔するの?
別に私の好みじゃないけど
邪魔するならさして上げる
狂気的な笑みでいう。
轟焦凍
なんだこいつ!
焦凍は苦戦してる。
その間に、元コンプレスがいた位置に再び現れた。
球体、ビー玉から戻ったように見えた。
荼毘
大丈夫か?
Mr,コンプレス
ああ、この通り…………ん?
右ポケットを漁る。
障子目蔵
轟、緑谷、篠崎逃げるぞ!
緑谷出久
でも、かっちゃんと常闇くんが!
障子目蔵
見せびらかしてくれたからな
これ、だろ?エンターテイナー
障子くんが持っていたのは2つのビー玉。
かっちゃんが連れ去られたとき、見せびらかしていたのだ。
緑谷出久
!!
Mr,コンプレス
あの一瞬でかい?
すごいね
走り出す、三人
緑谷出久
篠崎さんは?
荼毘の背後から銃弾を打つ。
荼毘
ちっ、小賢しい!
肩をかすった。
you
you
外した!
即座に撤退。
荼毘
逃がすかっ!
Mr,コンプレス
いいんだぜ
荼毘
どうしてだ
Mr,コンプレス
いやあ、エンターテイナーの癖でね
教えておいてあげるよ
you
you
まさか!
そして、デクくん達の方にも異変。
轟焦凍
こいつ!
USJにいた、ワープの!
緑谷出久
なんで、ここに………
黒霧
任務は果たしましたか?
時間なので迎えに来ました
Mr,コンプレス
ああ、もちろんさ
コンプレスはもう一度、こちらを向いて言う。
Mr,コンプレス
ものを相手に見せるときは、
隠したいものがあるときなんだよ
餓鬼
仮面の下に、口の中にビー玉が………
you
you
ダミー!
どんどん。
どんどん、どんどん。
ワープゲートに入ってく。
you
you
(もう、駄目ーーーーーー)
その時、青山くんのネビルレーザーがコンプレスの仮面を砕き、ビー玉を吐き出させた。
緑谷出久
青山くん!
そのチャンスを見逃すわけがない。
三人は走り出した。
二人を救う為に。