無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

買い物
放課後
芦戸三奈
ねね、あなた!
you
you
ん?なーに
芦戸三奈
今から、買い物行かない?
麗日お茶子
合宿で使うもん、揃えるんだ!
八百万百
他の人も誘いますわ
緑谷出久
ボクも行くよ
上鳴電気
俺もいくぜ!
耳郎響香
私も
緑谷出久
轟くんは?
轟焦凍
俺は、遠慮しとく
母親の見舞いなんだ
緑谷出久
わかった
切島鋭児郎
爆豪、行こうぜ
爆豪勝己
俺が行くわけねぇだろ!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
芦戸三奈
つてな感じでやってきました!
芦戸三奈
県内祭多数の店舗を誇る、NOWでやぶな最先端!
きやすくショッピングモール!
すごい人の数だ。
緑谷出久
個性の差による多様な形態を完成カバーするだけでなく、シビアでは場が広い……
常闇踏影
幼子が怖がるぞ、よせ
you
you
(めっちゃ、デクくん
 ブツブツ言ってる…)
上鳴電気
俺、アウトドア系の靴ねぇから
買いてぇんだけど
葉隠透
私も、ほしい!
飯田天哉
靴は履き慣れたものと栞に書いてっ!
いや、しかし用途に
あったものを選ぶべきなのか…
麗日お茶子
真面目だねぇ、飯田くんは
緑谷出久
うん
峰田実
ピッキング用品と小型ドリルは
どこに売ってんだ
芦戸三奈
私、新しいTシャツほしい!!
あっという間に、デクくんとお茶子ちゃん、あなただけになってしまった。
緑谷出久
うっ麗日さんはどうする?
麗日お茶子
私は虫除けーーーー
青山くん「君、彼のこと…………好きなの?」
お茶子の脳内でリピートされる。
麗日お茶子
虫除け!!
緑谷出久
虫!?
そういって、お茶子は全速力でどこかへ行く。
you
you
えっと、デクくん?
緑谷出久
あっうん。大丈夫
緑谷出久
ところで、篠崎さんはどうするの?
you
you
私、色々揃えなきゃだし
you
you
一緒に回る?
緑谷出久
えっ、いいけど……
一緒に回ることになった。
緑谷出久
まず、何を買うの?篠崎さん
you
you
えっと………服?
you
you
デクくんは?
緑谷出久
僕は重めのハンドグリップが欲しいな
you
you
えーと、店が近いから…………
終わったらココで待ち合わせね
緑谷出久
店の間にある椅子だね、分かった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
you
you
服か……………あれって八百万さん?
八百万百
あなたさん!お服を選びに?
you
you
うん。私、服少ないから
you
you
八百万さんだけ?
八百万百
いえ、他にも
耳郎響香
私もいるよ、あなた
you
you
耳郎さん!
耳郎響香
んー、響香でいいよ
you
you
分かった…………………響香、ちゃん?
耳郎響香
(かっかわいい)
やっぱり、呼び捨てはなれないため、ちゃん付になってしまう。
you
you
あの、よかったら服選び、
手伝ってもらえるかな?
you
you
わたし、わかんなくて
八百万百
もちろんですわ
耳郎響香
可愛いのを選んだげる
↑こんな感じのやつ
you
you
派手すぎないかな?
耳郎響香
そんなことないって
他にも、短パンとTシャツを買った。
後、白ワンピ。
八百万百
あなたさんって白のワンピース、
好きですよね
耳郎響香
そうやぁ、パジャマとかも
白ワンピだったよね
you
you
お気に入りなんだ
you
you
私、両親いなくて…………そのお古なんだ
耳郎響香
あのっ、なんかごめん…
you
you
いやっ、気にしないでよ響香ちゃん
you
you
それより、他のもみよっ!
八百万百
はい!
友達と買い物に出るのは、初めてだ。
とても、ほわほわして。あったかくて。
とても、とても楽しかった。
あんなことが起きているとは、知らずに…………