無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

大切
教室へと行くと、お茶子ちゃんがいた。
you
you
………………待っててくれたの?
麗日お茶子
あなたちゃん!
麗日お茶子
うん!
麗日お茶子
一緒に帰ろ
you
you
…………うん
you
you
ありがと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
寮にて
you
you
ただいま
轟焦凍
あなたか
轟焦凍
もうすぐ、夕食だから
you
you
えっ?もうそんな時間?
相澤先生に相談している間に、時間が立っているみたいだった。
轟焦凍
ああ。
今は6時半だな
you
you
分かった、急いで準備するよ
you
you
ありがとね、焦凍
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自室にて
you
you
疲れたぁー!
倒れ込むようにベットにダイブする。
you
you
(相談したのはいいけど………不安だな)
天井を見て、ふと思い出す。
you
you
無い
you
you
無い無い無い無い無い!
部屋中を探し出すがない。
両親の写真の入ったロケットペンダントが無いのだ。
you
you
(いや、一旦落ち着こう)
you
you
(がっこーに忘れた?……………ありえる)
深呼吸をする。

頭をフル回転させ、考える。
いつもは肌見放さず、持っているが、今日は体育があった。

もしかしたらーーーーーー
you
you
探しに行こう
まとめに着替えもせず、焦りのまま部屋を飛び出し、寮を飛び出そうとする。
蛙吹梅雨
どこに行くの、あなたちゃん?
止められる。
you
you
学校に忘れ物しちゃったの
you
you
大切な…………大切なものなの
蛙吹梅雨
でも、あなたちゃん。
学校はもう閉まってるわよ
you
you
…………
芦戸三奈
梅雨ちゃん、あなた
ご飯だ!
蛙吹梅雨
わかったわ
you
you
…………分かった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上鳴電気
おい、緑谷
緑谷出久
どうしたの、上鳴くん
上鳴電気
あなたの様子がおかしいんだよなぁ
緑谷出久
そうかな、
確かに妙にソワソワしてるみたいだ
轟焦凍
顔色も悪いぞ
緑谷出久
轟くん
轟焦凍
あの様子じゃ、
倒れちまってもおかしくないぞ
上鳴電気
まさか、なぁ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
麗日お茶子
どうしたの、顔色悪いよ?
you
you
ん、ちょっと気分が悪いだけだから
蛙吹梅雨
無理はしないのよ
you
you
うん………
you
you
でも、やっぱ食力ないよ。
部屋で休ませてもらっていいかな?
蛙吹梅雨
構わないけど、
後から軽食を持っていくわね
you
you
ありがと、梅雨ちゃん
you
you
じゃあ
あなたは、そう言って自室へと向かう。
フラッとして、倒れそうになる。
切島鋭児郎
おいおい、大丈夫か?
you
you
切島くん
you
you
かっちゃんも
爆豪勝己
かっちゃんゆうな!
you
you
今から夕食?
切島鋭児郎
そうなんだよなぁ、
爆豪がな
爆豪勝己
うっせぇな、クソ頭
you
you
ふふっ、じゃあね
切島鋭児郎
もう食べたのか?
you
you
ううん、体調が悪いから休ませてもらおうと思って
切島鋭児郎
そうか、気をつけろよあなた
you
you
うん、ありがと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
you
you
ふぅ
再び、ベットへと倒れ込む。
you
you
風呂、入んなきゃ
風呂から上がり、着替えようとする。
you
you
(明日、買いに行かなきゃな)
you
you
…………………おやすみ
早く眠ることにした。
じゃないと、おかしくなってしまいそう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
麗日お茶子
入るよ、あなたちゃん
蛙吹梅雨
明かりつけたまま寝てるわ
八百万百
………えらく簡易な部屋ですわね
麗日お茶子
うん、私も入ったとき思ったよ
八百万百
にしても、少なすぎません?
蛙吹梅雨
そうわよね
麗日お茶子
ーーーーーー明日、買い物行かない?
麗日お茶子
ほらっ、がっしゅくのための物揃え
蛙吹梅雨
いいアイディアね、お茶子ちゃん
八百万百
クラスの人の誘いましょう
麗日お茶子
楽しんでくれるといいな
蛙吹梅雨
そうね