無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

514
2020/02/05

第8話

* なにわ男子 side *
ダンスに夢中な彼女を邪魔しないように声をかける。

がイヤホンをしててなかなか気づいてくれない。
大橋和也
おおおおおーい!!!!
両手をぶんぶん振ってみると、

鏡ごしに彼女が気づいた。
あなた

ごめんなさい!気づかなくて...

大橋和也
んん!いいのいいの!
西畑大吾
僕たちそろそろ楽屋入りの時間なんで
あなた

あ、そうなんですね、お疲れ様でした!
収録頑張ってください!

長尾謙杜
ありがとうございます!
道枝駿佑
自主練、頑張ってください!
高橋恭平
ファイトっす
あなた

ありがとうございます!

大西流星
あ、◇◇さん来た!
◇ ◇
◇ ◇
ちょうど今呼びにきたとこです!
楽屋戻りましょう〜
楽屋についてから、衣装に着替え、

メイクやヘアセットをした。
大橋和也
さっきの子、俺らが今日
収録あるん知ってたんやな〜
高橋恭平
やっぱファンなんじゃないっすか?
大西流星
実はおんなじ番組に出る人とか?!
藤原丈一郎
んなわけ!
西畑大吾
観覧席におったらおもろいな笑
道枝駿佑
でもわかりますかね笑
長尾謙杜
えー探そうかな
そうこうしていると、スタジオ入りの時間になった。
西畑大吾
さっきスタジオ貸してくれた子のこと、
収録に呼べないですかね?
◇ ◇
◇ ◇
あぁ、了解!許可取れたら案内しとくよ
セットが組まれているスタジオへ移動し、

最終リハを終えて、セット裏で待機する。

いつもいるはずの◇◇さんがいなかったが、

問題はなかった。


円陣を組み、声をかけあう。
長尾謙杜
おるかな〜
高橋恭平
見つけたらガン見しよ
道枝駿佑
どこまでもS〜笑
横山裕
呼んでいいですか? 
なにわ男子 でーす!!!
観客
((きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ))
なにわ男子
いえーい!どうもー!
よろしくお願いします!
西畑大吾
それではきいてください!
なにわ男子SPメドレー!
無責任ヒーローではフリーが多くて

探す余裕があったが、

それらしき人は見つけられなかった。

ダイヤモンドスマイルを完璧に歌い終え、

トークコーナーへとうつった。

関西ジャニーズJr.として、ここはなんとしてでも

爪痕を残してかえりたかった。

お客さんの反応もよさげだった。


収録が終わり、セット裏に帰る前に

ファンのみんなにファンサをした。

前から後ろまでていねいにしていると

後ろの方に不審者みたいな格好の人を見つけた。
高橋恭平
大橋くん...大橋くん!
大橋和也
ん?
高橋恭平
あの、観覧の奥にいる帽子の人、
ちゃいますか?
大橋和也
えーどれー?...あ、ほんまや!!!
ファンサを終え、楽屋に戻ってから

メンバーにそれを伝えた。
西畑大吾
え、おった?!
藤原丈一郎
よく気づいたなぁ〜
長尾謙杜
でも、帽子もマスクもめがねもしてたら
本人かわからんくないですか?
大橋和也
えー俺めっちゃ手振ってもうた笑
高橋恭平
いや、あれはまちがいない
道枝駿佑
どこからくんねんその自信笑
私服に着替え、荷物をまとめ終えると
◇ ◇
◇ ◇
みんなおつかれー!
なにわ男子
お疲れ様でーす!
長尾謙杜
さっきのスタジオの子、来ました?
◇ ◇
◇ ◇
ああ、来たで!わかったん?
大橋和也
僕と恭平だけわかったんです!
高橋恭平
帽子かぶってましたよね?
◇ ◇
◇ ◇
そうそう!なんか芸能人の方やってね
西畑大吾
うわーやっぱそうなんやー
そんな話をしながら、楽屋を出てホテルへ向かった。


ホテルに着いて、大吾、丈一郎和也、

恭平駿佑、流星謙杜にわかれて部屋に入った。
________________________________________________
大橋和也
なあなあ丈くん
藤原丈一郎
んー
大橋和也
今日の子、なんて名前やと思う?
藤原丈一郎
そんなん知らんわ
大橋和也
えー気にならへんの?なぁなぁ笑
_______________________________________________
高橋恭平
あーなんか今日青春時代思い出した
道枝駿佑
あの子で?笑
高橋恭平
そう、あの子すごすぎん?無敵
道枝駿佑
何言ってんの笑
_______________________________________________
大西流星
今日の人かわいかった〜
長尾謙杜
え、何歳なんやろ?
大西流星
え、どうなんかな〜何歳がいい?
長尾謙杜
やっぱタメ?
________________________________________________
西畑大吾
(はぁー疲れた!...あの子、どっかで
みたことある気がすんねんなぁ〜)
______________________________________________

移動や収録の疲れもあり、

その日はみんないつもより早く眠りについた。



次の日、少し東京を観光してから

新幹線で地元大阪へ帰った。