プリ小説

第5話

撮影なのに…
山田side

結局あの後薮ちゃんのことを考えていて眠ることが出来なかった…。

まぁ、勝手に自惚れな答えを作ってそれは無いはずなのに『いや。もしかしたら?』なんて思っては否定しての繰り返しを朝まで続けてしまった。


山田『ホントに……バカみたい……。』


こんな状態だから勿論今薮ちゃんに会うのは正直……


気まづい……


そんな時に限って仕事は入っている。
しかも、今日は雑誌の撮影で珍しいことにペア撮影が薮ちゃんなんだ……

本当に嘘だと言って欲しい……泣


山田『……言っても仕事だしな、』


そう。これは仕事なんだ!
私情を入れている場合ではないんだよ……

“しょうがない”

って自分に言い聞かせて少し強めに頬を両手で叩いた。


バチッ
山田『〜!痛っぇ…………よし、!』


心の準備が少し出来たところで丁度楽屋前まで着いた。


ガチャッ
山田『おはよー』

中島「山〜!おはっよっ!」

山田『ゆーてぃーおはよ!』

知念「涼介おはよ」

山田『おぅ!おはよ!』


楽屋にはまだ知念とゆーてぃー……それと……
光くんしか居なかった。


八乙女「おー、山田おはよー」

山田『うん、光くんおはよ』

八乙女「……?山田??」

山田『ん?』

八乙女「昨日…薮がなんかした??」

山田『へ?』

八乙女「いや、何でもない。」

山田『……、うん、』


正直びっくりした…。
何にも言ってないのに光くんは薮ちゃんが何かをしたって感づいて聞いてきたから。

でも、なんで光くんには分かったんだろ?

……やっぱり長年の付き合いだから?
それとも何かに気付いてるの?

………………光くん…教えてよ


山田『っ!』

中島「山…?」

山田『ぁ、…なに?』

中島「ちょっと顔赤くない?」

山田『ぇ?』

中島「………ちょっといい??」

山田『へ?あ、うん?』

ピトッ

中島「…やっぱり……ちょっと熱い…かも、」

山田『……気のせいじゃない?笑』
『ほら!俺元気だし!!ねっ??』

中島「山…」

山田『あー!俺飲み物買ってくるわ!』
ガチャッ

山田『はぁ……』


突然ゆーてぃーから呼ばれて返事をしたら顔が赤いって……
来る時に少し感じていた体のポカポカとダルさはそのせいだったのかもしれない、、

ゆーてぃーの手……冷たくて気持ちよかったな……、

そんな事考えてたら余計に体が熱くなるような感じがしてきて少し足がふらつく……。

やべぇ…これから仕事なのに……。


山田『…ちょっと冷たいものでも飲もう…かな?』


目の前の自販機をボッーと見つめて今の体の状態を考えて選んだのはスポーツドリンク。


山田『…んっ、冷たぁ……でも美味しっ……』


益々熱は上がってるんだろう。
どんどん体は重くなって呼吸が荒くなるのを感じる……
少し壁に体重をかける。


山田『……ハァハァッ…ケホッ……ん゙…喉痛てぇ……これ…』


完全に熱じゃん……。

けど、そろそろ楽屋に戻んないとな……
そう思って歩こうと前に体重をかけた瞬間……


山田『やべっ、!』
フラッ

「ちょ!山?!」

山田『ぇ、?』


完全にふらついて転けると思って覚悟した瞬間目の前に誰かが現れてその人に倒れ込んだ。

誰?なんて思って少し顔を上げるとそこには……


山田『ゆーてぃー、?』

中島「山っ!大丈夫?!」

山田『ぁ、ううん、大丈夫!』

中島「嘘だよ、!こんな熱いし!今ふらってしてたでしょ?!」

山田『……っ!ゆーてぃー……皆には言わないでよ、?』

中島「山…!」

山田『仕事は…ちゃんとしたいっ、!』

中島「…分かったよ、けど無理は禁物だよ?」
「俺が強制ストップかけたら従ってよ?」

山田『……ありがと…ゆーてぃー、』

中島「うん。じゃあ時間までは寝てよーね?」

山田『……うん、』

中島「もう一つ今日は使わない空き部屋があるらしいんだ!」
「そこに時間まで居よ?ね?」

山田『ぁりがと……』

中島「うん!ちょっと許可と山の荷物持ってくるからココで待ってて?」

山田『うん……』


笑顔で「待っててねぇ〜」なんて言いながら小走りで楽屋の方に走っていった。

ゆーてぃーは優しい……。
今だって、凄いわがままを俺は並べたのに嫌な顔一つせずに俺の過ごしやすい方法を提案してくれた。


山田『ありがと……』


そこで俺は意識を手放してしまった……。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひよこ🐤
ひよこ🐤
皆様!!こんばんわっほい!!!ひよこ🐤ですっ!!! ……はい、ごめんなさい。笑 えっと、この度ひよこ🐤はデータを移し替えることにしました! なので今、連載中の『ねぇ、好きだよ?』と短編集はそちらで引き継ぎます!! この垢は三日後には消そうと思ってますので引き続き読んでいただける方は新しい垢を見てくださいね(´ ˘ `∗) お手間を取らせてすみません(^ω^;);););) 新しいアカウントのプロフィール画像を乗せておくのでそちらをチェックして下さい! 探すのが大変かな?と思うので私専門のハッシュタグを付けさせてもらいました! #美音のお話部屋 です! ネーミングセンス0なのは触れないで下さいね?!← では、突然のお知らせに目を通して頂きました皆様ありがとうございます。 作者 ひよこ🐤