無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

独占欲…?
八乙女side

……薮…。

俺は、薮の事が好き。
いつから?って聞かれると分からないけど…
きっと、出会ってすぐにはもう好きだなって感覚だったと思う。

お互いに“俺の薮/光”って感覚?があったんだ。
薮も何かあれば「光!」って来るし俺もどうしようもなくなったり誰かに相談したかったら『薮っ!』って行った。
周りから、“やぶひか”って言われれば別に嫌な気分にもならないし…むしろそれが“当たり前”。

だからかな?薮は誰にも取られない。って思えてたのは…

けど、その考えは違ったみたい。
最近、よく山田といる所を見る……

山田も何あれば「薮ちゃんっ!」って来るし薮も「涼介!」って。
ここ一番の時はやっぱり俺の所に来るから安心はしてたんだ。
けど…正直に言ってしまえば少し不安。
もしかしたら俺のポジションはもう無くなるんじゃないか?って…


「やーぶちゃんっ!」

薮「ん?涼介…どうしたの?笑」

山田「へへ、薮ちゃん薮ちゃん!今日飲みに行かない?」ニコッ

薮「え?飲みに?笑」

山田「うん!ダメ?」

薮「良いよ?」

山田「よし!決まりー!」

八乙女『…山田…薮…チッ…』


ほら。また…
今日も山田と飲みに行くんだ……

別に本当に薮と俺は付き合ってるわけじゃないしましてや告白すらもしてない。
なのに、勝手に嫉妬をして勝手にイラついてしまう。

俺ってこんなに独占欲強かったけ?………


伊野尾「ひーかーる!」

八乙女『へ?伊野ちゃん、なに?』

伊野尾「また、口が尖ってるよ?笑」

八乙女『…むぅ、』

伊野尾「言えばいいじゃん?行くなって。笑」

八乙女『ダメだよ、薮も楽しそうだし?』

伊野尾「まぁ、健気♡」

八乙女『うるせっ。』

伊野尾「もぅ…笑」


確かにそうだ…行くなって俺が一言言えばアイツは行かないと思う。
けど、それじゃ縛ってしまうみたいで言えないんだ。

薮…?俺が寂しいの気付いてよ?………




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひよこ🐤
ひよこ🐤
皆様!!こんばんわっほい!!!ひよこ🐤ですっ!!! ……はい、ごめんなさい。笑 えっと、この度ひよこ🐤はデータを移し替えることにしました! なので今、連載中の『ねぇ、好きだよ?』と短編集はそちらで引き継ぎます!! この垢は三日後には消そうと思ってますので引き続き読んでいただける方は新しい垢を見てくださいね(´ ˘ `∗) お手間を取らせてすみません(^ω^;);););) 新しいアカウントのプロフィール画像を乗せておくのでそちらをチェックして下さい! 探すのが大変かな?と思うので私専門のハッシュタグを付けさせてもらいました! #美音のお話部屋 です! ネーミングセンス0なのは触れないで下さいね?!← では、突然のお知らせに目を通して頂きました皆様ありがとうございます。 作者 ひよこ🐤
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る