プリ小説

第10話

バレちゃった?!
山田side

「りょ…け!…うすけ!……」


「もうっ!涼介っ!!」

山田『?!?!誰?!』

知念「何言ってんの?僕だよっ!」

山田『ぇ、え?!知念?!なんでここに……、?』

知念「居ちゃ悪いの?」

山田『いや、そーじゃなくて……さ、?』


いやいやいや。
居てダメとかそーゆうのじゃなくて……!

なんでココに?!ここはゆーてぃーと俺しか知らないはずだよ?!
まさか…………ゆーてぃー、?


山田『ゆーてぃー…、、』

知念「言っとくけど僕ゆーてぃーからなにも聞いてないからね?」

山田『へ?』

知念「ゆーてぃーが楽屋に涼介の荷物を取りに来てからずっと戻ってこないのが気になって勝手に調べただけだから。」

山田『知念……』

知念「涼介…熱あるんでしょ?」

山田『……ぇ、えっと、うん…』

知念「ばかっ!なんで僕にも言わないのさ!」

山田『ご、ごめん、汗』

知念「こういう時こそ頼って欲しかったよぉ!ウェーン」

山田『ちょ、!泣かないでよ、ちねぇん……』


よくよく考えてみれば知念は周りをよく見る奴だ。
それでいて、周りに敏感だし...俺の荷物と自分の荷物を持っていったゆーてぃーを見た(らしい)知念なら少し考えたらこんな事すぐに気付くのかもしれない。

……ゆーてぃーに悪いことを思ったな…、

未だ涙目の知念の背中を摩りながら少し知念に向けて罪悪感を感じたり…………


中島「山ー!次は集合だよっー!って、?!ちぃ?!」

知念「ゆーてぃー…グスッ」

山田『ゆーてぃー……知念にバレた 笑』

中島「……そっか 笑」

知念「涼介!無理はダメだからね!!」

山田『うん 笑』

知念「無理したら今度高いご飯奢ってもらうからっ!!」

山田『…ふふ、了解!!笑』

中島「無理しなくてもそうする気じゃない?笑」

知念「なんか言った?」ニコッ

中島「ゾクッ……何も…言ってません……、」


「無理したら今度高いご飯奢ってもらうからっ!!」この言葉も周りが聞いたらなんだそれ。ってなるような言葉だけど……

これは知念なりの優しさで心配。
メンバーの中でも特に近くで長い時間一緒にいる相手だからこそこんな変な言葉でも知念の本当の言葉の意味だって読める。

本気で心配してくれてるんだよね。これでも。笑

そんな風に少し二人の優しさにほっこりしていた時……


知念「次の集合さ!」

山田、中島『「ん?」』

知念「カメラマンさん達に頼んで僕らで涼介を挟んで撮ろうよ!」

中島「あ!それいい!!」

山田『ぇ、いいの、?』

知念「当たり前じゃん!その方がいいんじゃない?」

山田『ぅん、ありがとう……グスッ』


「もぉ!また泣く〜!笑」「涼介…泣くこと?笑」なんて少し笑ってくる二人に少し安心してまた泣きそうになったのは内緒ね?笑




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひよこ🐤
ひよこ🐤
皆様!!こんばんわっほい!!!ひよこ🐤ですっ!!! ……はい、ごめんなさい。笑 えっと、この度ひよこ🐤はデータを移し替えることにしました! なので今、連載中の『ねぇ、好きだよ?』と短編集はそちらで引き継ぎます!! この垢は三日後には消そうと思ってますので引き続き読んでいただける方は新しい垢を見てくださいね(´ ˘ `∗) お手間を取らせてすみません(^ω^;);););) 新しいアカウントのプロフィール画像を乗せておくのでそちらをチェックして下さい! 探すのが大変かな?と思うので私専門のハッシュタグを付けさせてもらいました! #美音のお話部屋 です! ネーミングセンス0なのは触れないで下さいね?!← では、突然のお知らせに目を通して頂きました皆様ありがとうございます。 作者 ひよこ🐤