無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,398
2018/08/24

第1話

つ?き?あ?う?
グク
ヌナ
あなた

ん?

グク
俺と付き合って(抱き)
あなた

ぇ…

グク
ジミニヒョンやめて俺にしてよ
あなた

ちょ

グク
グスッ泣
あなた

ちょグク?!

グク
ジミニヒョンなんかやめて泣
あなた

グ、グク

あなた

グク
グスッヒックごめんなさいヌナやっばi
あなた

いいよ!その代わり幸せにしてね?(抱き返す)

グク
うん…ありがとヌナ泣
あなた

もう!泣かないの!

グク
はい(,,・ω・,,)
ジミン
え、何今の
あなた

あ…

グク
ヌナ、ちょっと奥の部屋行ってて下さい
なんか嫌な予感する…
あなた

でも!

グク
大丈夫ですから(ニコ)
あなた

ほんとに?

グク
はい
あなた

…わかった

不安な気持ちを抑えながら一歩ずつ部屋へ向かっていった
グクは最後まで笑顔で送ってくれた、そして私は部屋に入ってしまった
ジミン
何やってんだよ
グク
なんもしてないです
ジミン
今抱き合ってたじゃん
グク
僕が立ちくらみしてあなたがささえてくれただけです
ジミン
じゃあ付き合おうって?
グク
言ってませんよそんなこと
ジミン
ふざけんじゃねぇよ!!!(胸ぐらを掴む)
私は奥からまるっきり声が聞こえてグク達のところへ行ってしまった
























この時はまだ知らなかった、この部屋を出たのが間違いだったことに
ジミン担当
あなたさんっ!!!
ジミン
あっ!
上から鉄の棒が降ってきたことに
私は逃げようとしたけど無理だった







ジミン
お前ッ
ジミンが庇ったのは



































































































































































































アキだった


次回へ続く