無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

727
2018/09/04

第6話

一生治ることの無い傷
ユンギ
選べ
あなた

え?

ユンギ
好きなやつに誕生日プレゼントするから選んでくれ
あなた

え?あ、うん

なんだろうなんか嫌だな
あなた

これは?

ユンギ
うん!これ買う!あと、ジャンパー好きなの選べ
あなた

え?

ユンギ
ちょっと寒かっだろ?
ユンギはエスパーか
あなた

うん

ユンギ
ん(パーカーを渡す)
あなた

ありがとう😊

ユンギ
っんだよ
あなた

いやぁ優しいなぁって思って

ユンギ
うっせー早く乗れ
あなた

はぁーい

事務所
ユンギ
行くぞ
あなた

うん

事務所内
ユンギ
先入れ
あなた

あ、うん

パンっ!!!(大きな音)
事務所の人たち
お誕生日おめでとうございます!
グク
ヌナおめでとう!
ユンギ
おめでとな!
あなた

え?

ユンギ
自分の誕生日も忘れたのかよ笑
あなた

あー!今日私誕生日かー!ありがとうございます!

私達は大きなパーティーをした後、私とゆんぎだけ寝てしまった
寄り添いながら
コツ、コツ、コツ、コツ
足音が聞こえ私は目を覚ました
あなた

ん?

あなた

?!ユンギ早く起きて!!!

ジミンside
ごめん、ごめん、ごめん


僕は多分一生あなたに頭が下がらないと思う、

でも昔に戻りたい、君とたくさん笑ったあの昔


もう1回僕に笑いかけてよ、ニコッて


僕にその無邪気な笑顔を見して?


でももう遅いよね、僕は一生治ることの無い傷をつけてしまった


取り返しのつかないほどの


でもなんで






































"僕を好きになったの?"