無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

魔術師
84
2021/01/27 14:33
咲稀
咲稀
言った方が良かったのかしら…?






兵士「何がでございますか?」






咲稀
咲稀
私が魔術師だってこと






兵士「言わない方が身の安全です。」







咲稀
咲稀
そうね。ありがとう。






兵士「いえ。お役に立てて光栄です。」







咲稀
咲稀
明日、おついちを此処に持ってくる。





兵士「わかりました。」







咲稀
咲稀
例の、アレを準備しておいてね??





兵士「はっ」









兵士はそう言って部屋から出ていった。








咲稀
咲稀
さぁ、あなた。明日、向かいに行くからね。




その頃………





弟者
弟者
おついちさん!!しっかり!




医者「此処でお待ちください!」







弟者
弟者
でも!






医者「全力は尽くします!」









弟者
弟者
よろしくお願いします……
兄者
兄者
弟者!!!
あなた

弟者!!おっつんは?!!

弟者
弟者
手術中だ……
あなた

……………っ……






あなたは腰を抜かしてしまったのか、ガクンッと座ってしまった。









弟者
弟者
あなた?!
兄者
兄者
大丈夫か?!
あなた

僕のせいだ!……全部全部……!!

弟者
弟者
違うよ!
あなた

(あの女のせいだ……っ姉さんのせいで……)





2時間後






医者「手術は無事終了しました。少ししたら目を覚ましますよ。」





あなた

良かった…

弟者
弟者
おついちさん…良かったね
おついち
おついち
ん…
あなた

おっつん!!

おついち
おついち
あなた…俺…生きてたのか……
咲稀
咲稀
そうみたいね。
おついち
おついち
っ……………?!!
咲稀
咲稀
お帰りなさい!
あなた

近づくな。

咲稀
咲稀
ま、いきましょう。





全員は咲稀の魔方陣で連れておかれたのは大きいお城、咲稀の部屋だった。









咲稀
咲稀
ここが私の部屋。
申し遅れました。私は、魔術師…咲稀です。
ま、本当の名前は
サキ・レッド・ミラー です。
おついち
おついち
サキ・レッド・ミラー……?
咲稀
咲稀
私は、あなた、貴方を助けに来たの。
あなた

僕を?

咲稀
咲稀
えぇ。
あなた

なんで?

咲稀
咲稀
貴方を苦しめれば帰ってくるかなーって
あなた

……え?…って言うことは……

弟者
弟者
友達からのいじめも……
兄者
兄者
お前のせいだったのか?!
咲稀
咲稀
正解!
あなた

……………

咲稀
咲稀
さ、帰って来ておいで…
あなた

……………

旧おついち
旧おついち
そんなことは出来ないねー
旧弟者
旧弟者
お前はうぜぇよな
兄者
兄者
それでも姉かよ。
兄者
兄者
お前ら……
おついち
おついち
ゆるのままって言ったけど……今回ばかりは仕方ないか……
旧おついち
旧おついち
わーい♪
兄者
兄者
では、遊びますか!
あなた

大丈夫です。

旧おついち
旧おついち
え?
あなた

僕は大丈夫です。

旧弟者
旧弟者
そう、下がろう
旧おついち
旧おついち
でも!
おついち
おついち
いいから!
あなた

姉さん?そうでしょ?

咲稀
咲稀
えぇ!そうよ!さぁ、帰りましょう!!
あなた

先に帰っていいよ。

咲稀
咲稀
え?
あなた

僕は此処に残る。

咲稀
咲稀
いや、だから!
あなた

帰れ!!!






あなたは魔方陣を出して、咲稀の肩や足にナイフを刺した。
それは、二本、三本、四本刺した。




あの時と同じだ。







咲稀
咲稀
あ”ぁぁぁぁぁ!!!!
旧おついち
旧おついち
あなた!落ち着け!!
おついち
おついち
お前はそんなことをする人間か?!
あなた

っ………?!

兄者
兄者
お前のその魔方陣はなんのためにあると思ってる?




「「「「「「仲間を守るためだろ?」」」」」
あなた

っ…………!!





あなたのしたにあった魔方陣は消えていった。






旧弟者
旧弟者
いい子だ。
あなた

ごめんなさい……僕…間違ってた……

兄者
兄者
一緒に帰ろう。
咲稀
咲稀
あなた。貴女は…必ず!!
あなた

姉さん?もういいの。

咲稀
咲稀
は?
あなた

貴方といるのは疲れた。

咲稀
咲稀
そ、そんな……
あなた

消えて……

咲稀
咲稀
っ……チッ……





咲稀は消えた









そこ頃………
咲稀
咲稀
申し訳ありません。ですが、次は必ず…



??「次やらかしたらただで済むと思うなよ?」





咲稀
咲稀
はっ