無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

76
2021/01/27

第12話

現実ですか?
咲稀
咲稀
あなたは可哀想ね。
弟者
弟者
な、なんで、あなたの名前…
咲稀
咲稀
貴方たちに教えることなどありません。
では、私はこれで
弟者
弟者
ち、ちょっとまって!!





弟者は咲稀の腕を掴んだ。









咲稀
咲稀
はい?
兄者
兄者
あなたの何を知ってる?!
咲稀
咲稀
はぁ……場所を変えましょう。






四人は4階の駐車場に来た。









咲稀
咲稀
言ったはずですよ?貴方たちに教えることなどありませんと…
おついち
おついち
何か隠してるだろ?!
咲稀
咲稀
何かとは何ですか?
おついち
おついち
っ…そ、それは…
弟者
弟者
おついちさん…落ち着いて…
おついち
おついち
っ……お前に何がわかる!!?
咲稀
咲稀
……
弟者
弟者
おついちさん!
おついち
おついち
お前に…お前にあなたの何がわかる??!
兄者
兄者
落ち着け





兄弟はおついちの腕を掴んだが、おついちは暴れだした。






おついち
おついち
あなたが、どれだけ怖い思いをしたかわかってんのか!!?どれだけ苦しかったか、どれだけ助けを求めていたかわかってんのか!!?
咲稀
咲稀
うるさいわね。わかってるわよ。
おついち
おついち
嘘つけ!!
咲稀
咲稀
もう、黙ってて…





咲稀は魔方陣を出し、おついちの胸にナイフを刺した。








おついち
おついち
っ……?!!
弟者
弟者
おついちさん!!!
兄者
兄者
おっつん!!?




それは一本じゃない。二本、三本、四本刺した。







弟者
弟者
やめろ!!!!
おついち
おついち
っ……カハッ……おと…じゃ……
弟者
弟者
おついちさん!!
おついち
おついち
…あに……じゃ…
兄者
兄者
っ……なんだ?
おついち
おついち
……あなたに……伝えてくれ…助けられなくて…ごめん…って……伝えて……





おついちの腕はガクンと落ちた。







弟者
弟者
おついちさん?!!
兄者
兄者
おっつん!!……起きろ……起きろよ!!
弟者
弟者
兄者!!救急車!!
兄者
兄者
あぁ。
弟者
弟者
おついちさん!!大丈夫だよ……助かる…助かるよ……






弟者はおついちの手をギュッと強く握った。









ピーポーピーポー





兄者
兄者
弟者、俺はあなたを連れて帰る。
お前は、おっつんと行け。
弟者
弟者
わかった。







兄者はあなたの所へ行った。









兄者
兄者
あなた。帰るぞ。
あなた

え?どうして??ってどうしたの?

兄者
兄者
おっつんが……刺された。
あなた

え……?