無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

北さんのお家
あなた『信介ー来たで』 

北「おー早かったな中入り」

あなた『双子早めに沈められたからな』←   

北「毎度毎度ご苦労さん」

あなた『私の癒しは信介だけや…』()

北「なんそれw」

あなた(あ、笑った)

北「スンッアランも来よるで」

あなた(一瞬で戻りよった…)←人の事言えませんね貴方 

尾白「おー!あなた来たか」

あなた『おう来たで』()

尾白「草」←

北「飲みたいもんとかあるか?」

あなた『んー無いな、適当でええよ』

尾白「…ホンマにあの双子の姉やんな??」←

あなた『何言っとんアラン君』