無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ストーカー退治
ストーカー「はぁ…はぁ…あなたちゃん可愛ええなぁ…」

ストーカー「はよ…はよ俺のもんにしたいわ…」

「せやなぁ」

ストーカー「!?」

北「あなたは可愛ええよなぁ?」

北「分かるで?その気持ち、」

ストーカー「おっお前誰やねん!!」

北「誰でもええやろ?(圧」

ストーカー「ビクッ」

北「ほんで自分何しよるん?」

ストーカー「は、ははっ、はははっ!君もあなたちゃんが好きなら分かるよな!?今から俺の部屋に閉じ込めて俺だけのもんにすんねんっ」

北「ん〜分からへんなぁ何も分からへん。」











































北「俺に言ったあかん話って事しか分からへんわ」



ストーカー「な、なんやねん自分さっきからッッ!」(ナイフを出す)  

北「おー怖いなぁそのナイフ、どうするん?」

ストーカー「ど、どうするって…お前を刺すに決まっとるやろ」

北「ふーん…」


ガッッッ


北「今回は結構すぐダウンしたな」

北「今までの録音してあるし警察んとこ行こ」

警察署

警察「北くんホンマに怖いわ…」

北「そうですかね」

警察「録音機越しでも分かるでこの北くんの圧」()

北「…」←

警察「無言とか辛い」←え?
__________________________________
妹…妹が欲しい…()