第5話

♯4
ーーー本丸の中ーーー
蜘蛛の巣や今にも抜けそうな腐った床。
予想以上に酷かった
夜霧丸
水心子!清麿!
その中、傷だらけで綺麗とはいえない、水心子と清麿をみつけた。
水心子正秀
水心子正秀
!?....夜霧丸、来てはダメだ...
夜霧丸
.....ごめんね....ごめんね....
夜霧丸
"また"大切な仲間を守れなかった....
源清麿
源清麿
......黒霧丸....僕達は大丈夫だから....
夜霧丸
ごめん...ごめん....
夜霧丸
あの審神者がやったの.....?
源清麿
源清麿
やってないと言えば嘘になるかな....
夜霧丸
.....そっか...大丈夫だよ?
夜霧丸
これからは僕が守るから、
鳴狐
鳴狐
「いやはや...これは悲惨ですな...」
夜霧丸
うん、まずはこの本丸を綺麗にしなきゃ
鳴狐
鳴狐
がんばろう。
夜霧丸
おー!
ーーー掃除開始ーーー
夜霧丸
まずは床だね、腐ってるから新しいのに取り替えよ
鳴狐
鳴狐
「承知いたしました!」
それからどしたの.....
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*
夜霧丸
ふぅー終わった。
鶴丸国永
鶴丸国永
おぉ!これは驚きだ!
鳴狐
鳴狐
「これはこれは鶴丸殿!」
夜霧丸
もう大丈夫なの?
鶴丸国永
鶴丸国永
ああ、おかげさまでな。
夜霧丸
よかった、
夜霧丸
僕、夜伽頼まれたからそろそろいくね。
鶴丸国永
鶴丸国永
まだ今日来たばっかだというのに!?
夜霧丸
うん、僕ならいいから、終わったら神技で手入れみたいなのしてあげるからね?
鶴丸国永
鶴丸国永
たすかるな。
夜霧丸
当然のことだよ。
ーーーー閲覧ありがとう!ーーー