第3話

♯2
鶴丸国永
鶴丸国永
とりあえず、本丸n....
夜霧丸
え、どうしよ、倒れちゃった
どうしようどうしよう....突然倒れちゃったよ!?
うーん....近くにどこか建物あるかな?
ちょっと歩いてみるか
ー数十分後ー
夜霧丸
こ、これは....
ブラック本丸だ。
そしたら、鶴丸はここのブラック本丸の刀剣?ということか......
明らかに目の前にある本丸は...血の跡がとてつもなく付いており、お化け屋敷より怖そうだ
愛未
愛未
ちょっと!鶴丸!
うわっ半裸やんけ。
愛未
愛未
って....あんた...
愛未
愛未
夜霧丸?
う...こいつここのブラック本丸の審神者かな?
夜霧丸
君が僕の主?...僕は夜霧丸、よろしく。
愛未
愛未
うっそ!やっぱり夜霧丸!
愛未
愛未
これで大量の金がうちに入るのね.....
うーーーーーーーわ、金目当てだ
夜霧丸
....そういえば、そちらの鶴丸、僕を助けてくれたんだ、だから恩返しに....
夜霧丸
ここの本丸に入らせてもらえないでしょうか....?
愛未
愛未
いいわ、ただし、あんたには毎日10回出陣してもらうわ。
夜霧丸
はい、主。
愛未
愛未
かってに入っていいわよ、
愛未
愛未
大体分かったら万屋で大量の酒と米を5つ買ってきてね、
愛未
愛未
もちろん、あんたの金でね
うそ、まじかー.....出陣で貯めて来るしかなくね?
よし決まった。
夜霧丸
今から出陣で金銀を集めてきてもよろしいでしょうか?
愛未
愛未
勝手にしなさい、10分以内に戻ってくることね
夜霧丸
はい、
よし、いくか。
夜霧丸
よし、いつもどおり頑張ろっと。
なんか色々やって....←小説の力
ー大阪城ー
敵「ギャぉ〜」
ん。????なんか可愛くない?
斬りずらくない?
まぁ....うん、斬るしかないよね
一騎打ちなら得意な方だし、
夜霧丸
ほらほら、遅いよ〜?
そう言って敵を斬った瞬間
敵は刀を一振落としてきえた
夜霧丸
これは....
夜霧丸
「鳴狐」か....
鳴狐
鳴狐
「やぁやぁこれなるは、(((ほにゃらら〜
鳴狐
鳴狐
よろしく。
夜霧丸
よろしく!
やべぇ...マスク越しでも感じるこのイケメンオーラ...
夜霧丸
金銀も手に入ったし、鳴狐、少しだけ僕の話聞いて?
鳴狐
鳴狐
うん。
夜霧丸
僕は夜霧丸。そして、ブラック本丸の刀剣だから刀剣男士の扱いが酷いと思う。
夜霧丸
鳴狐は僕が守るから心配しないでね
鳴狐
鳴狐
....分かった。
夜霧丸
よし、万屋にlet'sgo!
鳴狐
鳴狐
「わたくしめも手伝います!」
夜霧丸
お、頼もしい仲間だな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは、凛音です、
刀剣乱舞面白いですよね。
じじい出なさ過ぎてヤバいです_:(´ཀ`」 ∠):
みなさんコロナ気をつけてください
俺は最近咳とくしゃみが出ます
弟は風邪です
これはまさか.....!?
現在茨城在住なので大丈夫だとは思うんですが
やはり心配ですね...お体に気をつけてくださいね。
作者からは以上です、ばいちゃ!