無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

☪︎⋆。˚✩

しばらくして…………



謝必安(白黒無常・白)
お待たせしました。あなたさん
謝必安(白黒無常・白)
こちらが范無咎。黒無常です。
あなた

あ、はい……



愛想良くて優しそうな謝必安さんと




少し怖そうで無口な范無咎さん





正反対だけど今日もずっと一緒にいたのは見た。






このふたりがハンター?
謝必安(白黒無常・白)
范無咎。挨拶をしましょう?
范無咎(白黒無常・黒)
……そうだな
范無咎(白黒無常・黒)
私は范無咎。黒無常だ。
あなた

よろしく…お願いします




やっぱり反対だ。





でも仲が良さそうなのはほぼ初対面の私でも感じとれる






謝必安(白黒無常・白)
そうだ!今は試合してませんが『カスタムマッチ』で練習してみません?
范無咎(白黒無常・黒)
互いに能力を知るのにもいいかもな
あなた

カスタムマッチ……?

謝必安(白黒無常・白)
私が空いてるか聞いてきますね!



凄くウキウキしたようにして



変なポーズ吸魂状態で颯爽と消えていった。




早くね?





残された范無咎さんと私はどうしたらいいかわからず


気まずい空間が流れた
あなた

あの……范無咎さん

范無咎(白黒無常・黒)
なんだ?
范無咎(白黒無常・黒)
堅苦しいのは嫌いだ。范無咎でいいぞ。
周りからは「うじん」って言われてるが……
あなた

……よーするにタメ口ですか?

范無咎(白黒無常・黒)
ああ
あなた

分かりm………わかった

范無咎(白黒無常・黒)
それでなんだ?
あなた

あの、さっき謝必安さんが『カスタムマッチ』って言ってたけど何かなって……

范無咎(白黒無常・黒)
あぁ、それは試合の練習の時にするのでよく色んな奴が使ってるぞ
あなた

へぇ……よくわかんない

范無咎(白黒無常・黒)
なんか言ったか?
あなた

あ、いや別に

 


意外とはなしたら『タメ口でいい』って言ってくれて、話しやすかった。




それにかっこいいし………





謝必安(白黒無常・白)
お待たせしました。2人とも
范無咎(白黒無常・黒)
おお、おかえり。どうだった?
謝必安(白黒無常・白)
おっけいです!早速いきましょう!
あなた

え、今?

謝必安(白黒無常・白)
はい!


モード:カスタム戦

マップ:赤の教会




サバイバー:暗誦者 あなた

ハンター:白黒無常 謝必安/范無咎




あなた スポーン地点:教会内


あなた

え、まって?2対1になんない?これ

謝必安(白黒無常・白)
大丈夫ですよ。ちゃんと1on1ですし加減しますよ
范無咎(白黒無常・黒)
こっちもあなたの能力が知りたいしな。
謝必安(白黒無常・白)
明日はガチの予定ですが今は気楽にいきましょ!
あなた

うん……とてつもなく心配



ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤ