無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🌱 ͛.*



────試合終了






荘園にて…………

あなた

ふぅ……………

エミリー・ダイアー(医師)
お疲れ様。あなた
ウィラ・ナイエル(調香師)
大丈夫だった?
ジョゼフ(写真家)
結果はどうだったんだ?
あなた

んなもん私が飛ぶに決まってるよ……能力もまともに使えないし……

イライ・クラーク(占い師)
そうなのか?だいぶ稼いでくれたよ
イソップ・カール(納棺師)
僕達もあなたさんのおかげで助かりました
トレイシー・レズニック(機械技師)
でもびっくりしたなぁ。イライが急にハンターの様子が変だ〜なんて言うからさ
ナワーブ・サベダー(傭兵)
で?なんでああなったのか聞かせてくれよ、あなた
あなた

うぅん………そうだよねぇ………



ゲームが終わったら私のさっきの発言の意味を述べなきゃ行けない





自分で決めたことだけど…………………






「なぜ殺して欲しかったのか」







謝必安(白黒無常・白)
おや、あなたさん。お疲れ様でした
范無咎(白黒無常・黒)
そういえば、謝必安の時に何か話してたな?大丈夫なのか?
あなた

あぁ、うん

マーサ・べハムフィール(空軍)
あなたの試合はみんなが見てたから状況はわかってるけど………
あなた

そっ……か。だよね

ヘレナ・アダムス(心眼)
……ひとまず、あなたさんの気持ちの整理が着いてからにしましょうか
フィオナ・ジルマン(祭司)
ええ、そうね。先に夕食たべましょ!
謝必安(白黒無常・白)
おや、もうそんな時間でしたか

※荘園の時間の進みめっちゃ速いです
(通常の1試合したら半日以上終わります)


ウィラ・ナイエル(調香師)
あなたも食べましょ!話はそれからよ!
あなた

あ、うん………





食後─────


エミリー・ダイアー(医師)
どう?少しは良くなったかしら?
あなた

まぁ……ある程度…は………

イライ・クラーク(占い師)
さっき言っていたように話す事があるのなら話しやすい人に言っても大丈夫だよ
あなた

でも………

イソップ・カール(納棺師)
ここの…荘園の……人達は、皆さんとても良い方です。
イソップ・カール(納棺師)
優しくて……きっと信用できますよ
トレイシー・レズニック(機械技師)
うんうん!困ったりしたら助け合わなきゃ!ね!


みんなは揃って心配してくれている




今までにないくらい温かい。




言ってもいいかな。1人よりもみんなに。


あなた

……………わかった。ありがとう

あなた

長いかもしれないね

ウィラ・ナイエル(調香師)
構わないわ
あなた

ふふ、ありがと

ヘレナ・アダムス(心眼)
聞かせてください……あなたさんの事



夕食の時間に集まった人


全員ではないけれど、みんな状況はわかってるみたい




誰1人として動かず、ただじっとこちらに視線を向けている




みんなに変な思いさせたし、無常さんやトレイシー、イライさんにイソップくんにも悪かったかも









だから………言おうって


あなた

ふぅ……………



私の過去



ここのゲームに来た意味



ほんとに迷い込んだだけ?





いいえ、それだけじゃここのゲームへの

招待はされませんよね?




あなた

私は─────






to be continued