無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

6️⃣8⃣
次の日🕊



今日は‪ツアーに向けての練習がある。








結構大きなところで今回はあるらしい。
会場到着🚗³₃
(なまえ)
あなた
うわぁ……めちゃくちゃ大きい…
そう呟きながら楽屋へ行った。
りあん 裏の顔
りあん 裏の顔
ㅋㅋㅋ 今度こそ地獄に落としてやる……
こんなことを呟いているとはしらずに。




コンサートの練習は衣装もないし、ヘアメイクもしない。


だから正直すごい楽。


(なまえ)
あなた
さすがにあんなに短いスカートはやだ
(なまえ)
あなた
やっぱり私服が1番だな〜






そして何回も踊りまくる



倒れそうになるまで踊る



疲れすぎて倒れそうにもなったけど
armyたちのことを思うとすごく頑張れた
スタッフさんたち
一旦30分くらいの休憩入れます!
その声でみんながいっせいに楽屋へと戻る



その時間でご飯を食べたり、寝たり、マッサージをしたり人によって様々。


わたしは宿舎から持ってきた
手づくりサンドイッチを食べて




‘’喉が渇いたな‘’

そう思ったので自動販売機に向かった。