無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

4⃣3️⃣
わたしはTwiceさんたちに
今まであったことを全て話した。
なよん
そんなことがあったなんて…
じょんよん
きずいてあげられなくてごめんね💧
(なまえ)
あなた
そんな!Twiceさんたちが謝るような事
じゃないですよ笑
ももりん
でもさ〜!
そのなんだっけ?りあん?って子が
厄介だね……
さな
うんうん
じひょ
でもさ…
それを信じるBTSさんも
じゃない……?
ちぇよん
ほんとですよ!!!
こんな可愛い子を虐めるなんて!!
(なまえ)
あなた
wwwwww
(なまえ)
あなた
有難うございます´ω`*
こんなに暖かくて…………
羨ましいです^^*
みな
あ!そうだ!
これ!
といって
ミナさんから

ジュンおっぱから貰った大切な指輪を

受け取った。
ツウィ
ね…これもまさか??
(なまえ)
あなた
そうです…!
りあんおんにから……
さ…れました…
だひょん
ごめんね…
うちらでなんとか
キレイに直そうとしたけど
これが限界だった……
(なまえ)
あなた
いえいえ!!!
少しでも直してくれただけで
とても嬉しいです^^*
ありがとうございますm(_ _)m
だひょん
あなたちゃんが倒れたときも
うちらの楽屋に運んでるときも
手の傷の手当てをするまで
手に握って離さなかったの笑
じひょ
そんなに大切なものなんだね……
(なまえ)
あなた
はい…
これ、亡くなった…兄からの最後の
プレゼントなんです……
なよん
そうなんだ…
ツウィ
え、ちょっと待って
そのあなたちゃんの大切なものを
踏みつけたってこと?!
じょんよん
そういうことになるね…
ツウィ
はぁ?!信じられないわ!
みな
その手の傷も
りあんさん絡み??
(なまえ)
あなた
そうです
(なまえ)
あなた
おんにがまた踏みつけようと
してきたので咄嗟に指輪を
手で守ったんですよ笑
(なまえ)
あなた
そうしたらたまたまピンヒールはいてて
血が止まらなくなってたところを
Twiceさんたちが
助けてくれたという訳です!
ももりん
またってことは
2回もされたの?!
さな
ありえないΣ(゚ロ゚;)
それから色んな話をした。
すごくすごく楽しかった
(なまえ)
あなた
あ、もうこんな時間!
そろそろ始まるみたいですから
もう行きますね!
Twiceさんと話してから
すごく心が軽くなった
もうこのままずっとここにいたいくらい
幸せと温かさで溢れているから。
だひょん
あなたちゃん!
またなんかあったら楽屋来てね´ω`*
待ってるから!
(なまえ)
あなた
はい!有難うございます!
なよん
あと!最後にもう1つだけ!!
あなたちゃん!タメでいいし
おんに呼びして欲しい⁄(⁄ ⁄º⁄Δ⁄º⁄ ⁄)⁄
(なまえ)
あなた
わかりまs わかった!
(なまえ)
あなた
では行きますね!
ほんとにおんにたち有難うm(_ _)m
こんなに暖かい人に
恵まれたかったな…
(なまえ)
あなた
わたしだって幸せになりたかった
next