無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

6️⃣1⃣ 🍳🥄
あぁやばい…きつすぎる……




フラフラになりながらもなんとか階段まできた。
(なまえ)
あなた
これ、降りれるかな……w
(なまえ)
あなた
はぁぁ……
クラッ






あまりにも立ちくらみが
酷いので壁に寄りかかるように座り込む。
???
大丈夫…か…??
あぁキツすぎて幻聴まで聞こえてきた……笑



とりあえず水を飲みに行こうと
1歩1歩少しずつ進んでいく。



1段目……


2段目……
(なまえ)
あなた
あ、やばい……
倒れる……
???
っとあぶねぇ
???
おい!

おい!!大丈夫か??
(なまえ)
あなた
うーん…
大丈夫で…す…
まぶたが重すぎて目が開けられない
???
っち  我慢しろよ
フワッ
ええ?!身体が浮かんだ??






へ??お姫様抱っこされてる……!?




も、いいや…






誰かわからないが運んでくれている

‘’誰かに‘’

身を委ねた。





next




はい皆様🌙.*·̩͙
こんにちは!こんばんは!



今日は宣伝もさせて下さい💜


おむの自慢の친구
ぽんちゃんの小説です!!!


多重人格のお話しなんですけど……


二重人格の性格が違うお話しをかくのめちゃくちゃムズいと思うんです!

でもおむの自慢の친구 ぽんちゃんは

難なくこなします!
素晴らしいです👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻


ちょいちょいおむの小説の宣伝してくれてて
愛でしかないです;;;;

めちゃくちゃ面白い小説なので
皆さま見て下さいね🙌💕


ぽんちゃん大好きーーーー!!!

ありがとう🙌💕




長くなりました🙇🙇🙇





以上!안녕👋