無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

5️⃣6️⃣
ジュンオッパへ

__オッパ、お久しぶり☺💓
今日でオッパが亡くなってから3年が経ちました。
元気ですか??あなたは…ありがたいことに仕事ですごく大変な毎日を送らせてもらってます。

そっちはどうですか??楽しいですか??
オッパのしたいこと全部我慢させてたよね…
ごめんね。こんな妹でごめんね。
あの時もわたしのせいで…ごめんね。
わたしがK‐popアイドルになりたいって言ってたのにも関わらず、オーディションの日に寝坊するなんて…情けないよね。わたしがきちんと起きておけばオッパが事故に会わずに済んだ。
だからオッパが…亡くなったのはあなたが悪いんだよ。今でも覚えてるよ。オッパの言葉。

「俺が死んでも絶対にあなたのせいじゃないよ。絶対に夢叶えて。大好き。愛してる。またね。また必ず会えるから」


そう言ってもう会うことは出来なかった。
でもこのときにわたし決めたの。
何があってもオッパとの約束守るって。




でもねオッパ??
その約束もう守れそうにないかな…笑







この前お医者さんに行ったの。
そうしたら病気……
すごく悪化してるって言われた。

本当は言いたくないけど、
オッパとの約束だもんね。嘘は言わないって。










わたしもうあともって一年半……なんだって。

誰にも迷惑かけたくないの。
でも誰も味方に着いてくれないの。
誰ももう信じたくないの。


オッパあの世で待っててね??
可愛い妹あなたがもうすぐそっちに行くよ^^*



オッパ私も大好きです。愛してます。

                あなた