無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

6️⃣0️⃣







ふぅ
(なまえ)
あなた
お、おんに…??
開けますよ??
だひょん
うん!
ガチャ
(なまえ)
あなた
ただいまです…
だひょん
お邪魔しま〜す!
みんな
みんな
!?
だひょん
Twiceのキム・ダヒョンです!
みんな
みんな
あなた〜!おかえりー
は?
じみんちゃん
じみんちゃん
遅かったなぁ笑
ぐく
ぐく
はぁ〜会いたかったぁ☺
嘘つけ。








笑ってるように見えるけど
‘’目‘’
が笑ってないもん
(なまえ)
あなた
どうぞ上がってください!!
おんに!
だひょん
お邪魔します!
in  the  room




だひょん
あなた……??
だひょん
あれどういうこと??
(なまえ)
あなた
多分、おんにがいるからだと思う…
(なまえ)
あなた
多分おんにが全て知ってるっていうことを
知らないからバレたらやばいとか思ってんじゃないかな??
だひょん
あなた……こっちおいで
ギューしてあげる
(なまえ)
あなた
ギュ
ありがとう
(なまえ)
あなた
おんに…??
わたしアイドル向いてないのかな……
だひょん
そんなことない!
みんなあなたの事愛してるよ!
(なまえ)
あなた
わたしの事を愛してる…??
誰からも愛されてない!!
だひょん
ちがッ…
(なまえ)
あなた
みんなみんな!!
わたしをいらない人間だと思ってる!!!
(なまえ)
あなた
こんなことになるなら
アイドル目指さなきゃよかった
だひょん
そんなことない!!!!
だひょん
あなた!こっち向いて!!
わたしの目を見て!
だひょん
わたしは絶対に裏切らない。
Twiceのみんなはあなたの味方!!!
絶対に裏切ってあなたを1人にしたりしない!!!!!
だひょん
それにお兄さんの約束破っていいの??
今は言葉にならないくらい辛いと思う。
だけどあなたは1人じゃない。
頼れる人がいる!!!
(なまえ)
あなた
おん…に…
手足の力が抜け
おんにに寄りかかるような体制になってしまった
だひょん
あなた?!
おんにが額を触ってくれた
だひょん
あつ!?熱あるんじゃないの?!
(なまえ)
あなた
んぅ…おんにわたし…大丈夫…
無理やり大丈夫だと言い聞かせて
(なまえ)
あなた
普通の人より
ちょっと体温が高いだけ…!ww
これ以上迷惑はかけられないと
おんにを帰らそうとした。






でも、帰らせる口実がない。




どうしようか迷っていると
ピコン
だひょん
あ、ごめんねわたし!
だひょん
まねオッパから!!
だひょん
うわぁん;;;;
ごめんね緊急でお仕事入っちゃった;;;;
(なまえ)
あなた
そかそか!!!送っていこうか??
だひょん
ううん!大丈夫!まねオッパが近くに来てくれてる見たい!
(なまえ)
あなた
そかそか!!!じゃあね!気をつけてね!
だひょん
じゃあね!もう外でなくていいよ!
おやすみ!
(なまえ)
あなた
うん!ありがとう💜
(なまえ)
あなた
おやすみ👋
バタン
(なまえ)
あなた
ハァハァハァやばい……
わたしはその場に座り込んだ。
(なまえ)
あなた
キツ…
お水……欲しい…
(なまえ)
あなた
下行こ…







フラフラな足取りで1階に向かった。





next