無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

3️⃣8⃣
(なまえ)
あなた
だ、大丈夫です!
気にしないでください!!
メンバーにも偽りの笑顔をつくる。
じんくん
じんくん
ごめんね…
許してくれないのは分かってる。


でもおっぱはあなたの味方だから…
あとゆんぎも。
(なまえ)
あなた
ありがとうございます^^*
(なまえ)
あなた
気にしないで…下さい!^^*
辛くても

”辛い”

このたった3文字が言えない。
また裏切られるのが怖い。
だからもう誰も信じたくない
(なまえ)
あなた
あ、でもわたしにはいつも通り
接してください^^*
じんくん
じんくん
え?
(なまえ)
あなた
え、っと…
じんさんたち以外にバレたら
また殴られちゃうので^^*
じんくん
じんくん
そ、そっか。
じんくん
じんくん
無理しないでね…?
今頃そんなこと言われても

もう後戻り出来ないよ……


わたしは無理をしないと
ダメなの…
(なまえ)
あなた
あ、あぁ!

も、もうすぐご飯の時間じゃないですか!?
メンバーの皆さんも待ってますよ!
じんさんのお料理!!
作ってきてあげてください^^*
といい、無理やりじんさんを
部屋の外へ出した
(なまえ)
あなた
では!色々ありがとうございます^^*











ごめんなさい。









もう誰も信じることは
できません…
じんくん
じんくん
じんさん……か…














もう楽になりたいの……
誰か助けて……………?
next