無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

3️⃣0️⃣
2時間、3時間、4時間
ぶっ続けでわたしは踊った

疲れても苦しくても
もういっその事ことまま死にたい
そんなことまで考えるようになっていた。


ピコン
(なまえ)
あなた
💭誰だろ…?
私が唯一家督を持ってる人

中々会話がなかったから
嬉しいと感じてしまう
ぐく
ぐく
📱なぁお前どういうこと。
(なまえ)
あなた
📱なにが…ですか?
(なまえ)
あなた
📱ぐくおっぱ
ぐく
ぐく
📱おっぱ呼びとかすんなよ
きもい
(なまえ)
あなた
📱すみません。
__ッ ぐくさん
ぐく
ぐく
📱てかどういうことだって言ってんの
ぐく
ぐく
📱armyたちまで騙されて可愛そうだなw
(なまえ)
あなた
📱なんのことですか?
私は知りません!!
ぐく
ぐく
📱あぁ〜もーいいや
嘘つきと話すのめんどいわ
もう帰ってくんな笑
わたしはもしかしたら、、と思い
Twitterを開いた
Twitter
トレンド入り
#btsあなた
#btsあなた痣だらけ
#btsあなた衣装トラブル
#あなた사랑해요
え??
気づいてくれる人がいたんだ
とわたしは涙を流した。

その反面
あぁ今度こそ私は
私の居場所はなくなるな。

そう悟った。
もう辛くて辛くて
泣きながら踊るしかなかった。
(なまえ)
あなた
ハッハッハッ
息が…苦し、い
でもまたおっぱたちに言われるから

もっと練習しないと……
あ、やばい、
も…無理……
バタッ
その音とともに
わたしは意識を手放した。
next