無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

5️⃣9⃣
皆さまごめんなさい;;;;
23日締切にしますとかいったくせに25日になってしまいました;;;;🙇🙇🙇



結果のお知らせです⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎
新しいお話しを書くになったんですけど
どんなお話しがいいか教えてください🙇🏻🤍


投票してくれた60人の方々有難うございます💓





本編▼
🐯side
あいつがTwiceさんの宿舎に行ったとき
あなたのお兄さんの話が出た。
なむさん
なむさん
あぁーそういえば明日?あなたのお兄さんの命日じゃないですか??
じんくん
じんくん
そうだな
ぐく
ぐく
手紙書きますか…??w
ほび
ほび
えぇめんどい
じみんちゃん
じみんちゃん
書かなくていいんじゃないですか??ww
裏切り者の身内ですよ?!w
みんな
みんな
wwwwww
俺は何故かその話を聞きたくなくて
2階の自分の部屋に向かった。
てて
てて
なんだよ、クソ
俺はあいつが嫌いなんだよ
てて
てて
なんだよ、この気持ち
誰もいないのを確認してあなたの部屋に入った





何ヶ月ぶりに入っただろうか。








前とあまり変わっておらず綺麗な部屋だった。


机の方に一通の手紙を見つけた。
読んでみたら、すごく胸が締めつけられた
俺は目を疑った









てて
てて
は??あいつ病気持ってんの??
てて
てて
もってあと1年半って
どういうことだよ
俺はその手紙の内容から目をつぶるように
自分の部屋へと入った








next