プリ小説

第9話

日常2
日常3



ある日の朝。私は珍しく早起きをした。

今日はテニスの練習はなかった。
あなた

……ん。ふぁぁぁぁ…

私は窓を開けた。外には鳥が二羽こちらを向いてさえずっていた。
あなた

待てよ!今日、私が一番早起きじゃね?やったー!

あなた

って待てよ?今日はあの映画がテレビで放送される日じゃん!マジか!やったぁ!

※朝のあなたは独り言が多いです…
あなた

そういえば…どうたらこうたら…


そのとき、




ジャラァァーン



というギターの音のような音が聴こえてきた。
あなた

ギター?

私がもう一度布団を見てみると、カラ松がいなかったことに気がついた。
あなた

あーカラ松ね。朝からイッタいなぁ…(笑)

っていうか私が一番だと思ったけど違ったかぁ…



私はカラ松に会いに行くためにベランダに行き、屋根にのぼった。
カラ松
カラ松
フッ…✨今日もいい朝だ。sunshine!
カラ松がギターをジャラァァーンとかき鳴らした。
あなた

…かーらーまーつー

カラ松
カラ松
わおっ!あなたか💦💦おはよう
カラ松sibe
あなた

…かーらーまーつー

カラ松
カラ松
わおっ!あなたか💦💦おはよう
なんだよーー!!



なんだよその天使な呼び方ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!


「かーらーまーつー」…って天使?!天使なの?!いや、天使か
可愛すぎじゃね?!ヤバイよぉぉぉぉ!


朝から俺はどうしたんだ全くぅぅぅぅぅ!!
※カラ松君理性を失う
あなた

カラ松どうしたの?何その顔…。

カラ松
カラ松
うどぉぉぉぉぉぉぉぉぉん!
俺は、ついギターを屋根に叩きつけてしまった。
あなた

うどん?うどん食べたいの?

あなたはけっこう引きぎみで聞いてきた。

そりゃぁそうか。突然うどんって叫んでギター壊しかけたんだからな。
カラ松
カラ松
(ハッ!何をしているんだ俺はぁぁ!あなたのかわいさについやられたけど、あなたにドン引きされてんじゃねぇか!)
カラ松
カラ松
(あははははははぁっ!)
あなた

あのさぁ突然話が変わるんだけどさ、カラ松って案外早起きなんだね。すごいねぇ…

カラ松
カラ松
そそそそそそうか?
あなた

羨ましいなぁ…✨✨

カラ松
カラ松
明日から俺の方が早起きだったらあなたを起こしてやろうか?
あなた

カラ松時計だ!よろしく!

カラ松
カラ松
(カラ松時計!?表現かわいすぎかよ///////)
カラ松
カラ松
あぁ!任せろ!
あなた

たよりになるぅー!

カラ松
カラ松
…(///ω///)
(END)
*番外編*
夜のこと…



あ、僕チョロ松です。みんな寝ています。


チョロ松
チョロ松
…寝れない…


どうしてかって?だって隣にちょーぜつかわいい

チョロ松
チョロ松
あなたがいるんだもん…(ボソッ)


今日はいつもおそ松や一松、十四松の隣でよく寝るのに、今日は僕の隣で寝てくれたんだもん。嬉しくて寝れるわけないよ。
あなた

んもぉ…油揚げぇ…あー、そっちはレンコンでしたかぁ…むにゃむにゃ…

チョロ松
チョロ松
///////!ぼふっ!
寝言もいちいちかわいすぎて…
チョロ松
チョロ松
うっ…!?
あなた

💤

寝相悪いところもかわいくて…
チョロ松
チョロ松
眠れない!


チョロ松の眠れない夜でした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

にこにこ
にこにこ
こちらは古いアカウントなので、新しいアカウントでよろしくお願いします✨ 私のフォロワーをタップして新にこにこを見つけてください!フォロー等はそちらで全て受け付けております☆ フォロー、お気に入り、いいねは新しいアカウントへ⊂('ω'⊂ )))Σ≡GO!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る