プリ小説

第3話

思いは強い
はーい🎵トッティで~す💕今、おそ松兄さんとカラ松兄さんの観察を壁の裏でしてるんだけど……。
チョロ松
チョロ松
ねえ、もう帰ろうよ…。何も起こらないよ?
一松
一松
もうちょっと待ってみない?
そう…一向に何も起きないんだよね…。ただただ黙ってるだけ…。
トド松
トド松
疲れたぁ…。僕、眠くなってきた…







ガタッ!!!
トド松
トド松
え!何?
チョロ松
チョロ松
しッ!静かに!
ついに動き出した!




カラ松
カラ松
なぁ…。おそ松……。
おそ松
おそ松
何?
カラ松
カラ松
お前…さっき、あなたに…
おそ松
おそ松
え?あー。キスのこと?
カラ松
カラ松
うっ……!
おそ松
おそ松
カラ松もしたかったの?
カラ松
カラ松
………ッ!///////そそそそんなっ!俺は、ただ、勝手な行動をとってほしくない…って…い、うか……。
おそ松
おそ松
何でダメなの?あなたはまだみんなのものだよ?
カラ松
カラ松
だから…まだみんなのものだから…平等に扱って(?)ほしいんだ。
おそ松
おそ松
まだね。「まだ」
カラ松
カラ松
え?
おそ松
おそ松
誰かが動かないとあなたは他の誰かに取られちゃうよ?
おそ松
おそ松
いつかはあなたも誰か一人を選ばないといけないときが来るんだよ。
おそ松
おそ松
そんなときに俺らがあなたを攻めていかないとどんどん離れていっちゃうよ?
おそ松お得意の人の心を読むような目でカラ松を見る。
カラ松
カラ松
…………。
おそ松
おそ松
いつかはみんな平等じゃいかなくなるよ。カラ松。
カラ松
カラ松
そ、そうか……。いつか、だよな?
おそ松
おそ松
どうかな?そこのところは俺にもわかんないや…
もしかしたらもう彼氏がいるかもぉッ!!!
カラ松
カラ松
脅かさないでくれ!brother!


*壁の裏で*
おそ松
おそ松
もしかしたらもう彼氏がいるかもぉッ!!!
トド松
トド松
ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!っ!んぐっ!
おそ松の言葉でトド松は絶叫した。


チョロ松がトド松の口を間一髪で押さえた。
チョロ松
チョロ松
しッ!気づかれたらどうすんの!
一松
一松
でも…もうほんとにいるかもね…
一松はいつもよりネガティブさを増して言った。
チョロ松
チョロ松
一松
一松
なんて信じたくないけどね。
トド松
トド松
だね。
一松
一松
…戻ろっか
トド松
トド松
うん

******************************************************
がらがらガラッ!
十四松
十四松
ただいマッスルマッスル!ハッスルハッスル!
あなた

ふぇぇ~…づがれだぁ…

カラ松
カラ松
お!帰ってきたか!おかえり
あなた

ねぇ~聞いてよぉ…十四松が素振りしながら竜巻になって飛んでいってさぁ…。

十四松
十四松
アハハッ!僕竜巻なの?
あなた

そうだよ!たいへんだったよ?止めるの

一松
一松
…いいな。十四松は
十四松
十四松
なんでー!?
一松
一松
だってあなたと素振りしてきたんでしょ?羨ましい…。
ねぇあなた。明日一緒に猫のところいかない?
あなた

え!いいよ!私明日はテニスの試合が休みだし、練習もないし。

チョロ松&トド松
(わぁッ!突然一松(兄さん)が攻め始めた!)
一松
一松
じゃあ行こう。
チョロ松
チョロ松
ぼぼぼぼ僕も行っていいいかな💦
一松
一松
えー。
あなた

いいよ?

トド松
トド松
ぼっ!僕もッ!
あなた

分かった!三人で行こうか!

六つ子
(チョロ松、一松、トド松)
やったぁっ!
おそ松
おそ松
(いいなぁ
カラ松
カラ松
(いいなぁ
十四松
十四松
(いいなぁ
(続く)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

にこにこ
にこにこ
こちらは古いアカウントなので、新しいアカウントでよろしくお願いします✨ 私のフォロワーをタップして新にこにこを見つけてください!フォロー等はそちらで全て受け付けております☆ フォロー、お気に入り、いいねは新しいアカウントへ⊂('ω'⊂ )))Σ≡GO!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る