無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

Kenshiro 2
331
2022/07/04 12:17



川西さんと何度も飲みに行って、かなり仲が深まった頃。



「え、これ、」



たまたまつけたテレビに川西さんが出ていた。



「どういうこと、?」



芸人さんに詳しくない私は、名前を聞いても顔を見ても、この人が和牛の川西賢志郎さんだってことに全く気付いていなかった。



たしかに私の仕事の話はよくするけど、川西さんの職業は知らない。

川西さんがいつもうまく聞き手にまわってくれて、会話は途切れないけど、どんな人なのかは詳しく知らなかった。



「どうしよ…」



この頃の私は、川西さんに惹かれてることに気づかないふりをしながら、このままこんな風に二人で飲めたらいいなぁと思っていた。



だけどもう、難しいよね…



ただのOLの私と、芸能人で人気者の彼。



芸人さんだって知らなくて私がちやほやしないから、川西さんはそれが楽だったのかもしれない。



そもそも二人でいるのを週刊誌に撮られたりしたら迷惑になるのに、私から誘ったこともあったから断りづらかったんじゃないか。



「はぁ…、」



久しぶりに、あぁこの人居心地いいな、好きだなぁと思えたのに。



もう会わない方が良さそうだ。