無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

「恐怖」
 和桜said

統牙はあたしに、爽やかな笑顔を向けてきた。だが、目の奥は笑っていない。
流川和桜
流川和桜
(ひぇ~、怖いんだけど。)
ちょ、怒んないでよ。さっきも理由を言っただろ?
八神統牙
八神統牙
 理由があっても、約束の時間に来れなかったのは事実だろ?起こるのは当たり前。
流川和桜
流川和桜
 今日は見逃してくれよ。話もあるんだから。
十六夜琉己
十六夜琉己
 おい、統牙許してやれ。
 琉己の言葉を聞いた統牙は観念したような顔した。
流川和桜
流川和桜
 (さすが、琉己!)
八神統牙
八神統牙
 分かったよ。だけど、次は無いからな和桜。
流川和桜
流川和桜
 ヴッ、わ、分かりましたぁ………
 あたしは、ようやく統牙に許してもらった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
流川和桜
流川和桜
 話したいことがあるんだけど、いいか?
八神統牙
八神統牙
 ん、分かった。幹部室にいくか。
 統牙の言葉に従い、あたしたちは幹部室に向かった。