無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

「作戦」
 万桜said

現在はSHRが終わって、休み時間。
流川万桜
流川万桜
(和桜のあのうんざりした顔、サイコーだわ。ああゆう顔されるともっといじめたくなる。)
佐々木香織
佐々木香織
 万桜ー。なに、ニヤニヤしてんの?なんかいいことでもあったの?
気味が悪いくらいだったよ。
流川万桜
流川万桜
 え!?めっちゃ、恥ずかしい……。
佐々木香織
佐々木香織
 まあ、見てたのあたしだけだったし。大丈夫じゃない?
流川万桜
流川万桜
 そっか、よかった。
佐々木香織
佐々木香織
 それより、なにがあったの?
流川万桜
流川万桜
 えーっと、実はね…………
 私は、和桜を潰すために作戦を立てたことを香織に教えた。
佐々木香織
佐々木香織
 だからかぁー、そんな嬉しそうな顔して。
流川万桜
流川万桜
 そうなの。で、私雲龍の姫になったから、雲龍の幹部の皆にも、手伝ってもらうんだ。
佐々木香織
佐々木香織
え!?姫になったの?いいなぁ。
ていうか、和桜を潰すのあたしにも手伝わせてよ。
流川万桜
流川万桜
 香織、和桜のこと嫌いなんだもんね。いいよ。大歓迎!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生徒
 あの2人絵になるよね。
生徒
うん、めっちゃ美人
 私たちの話の内容も知らずに女子たちはそんなことを言っていた。
流川万桜
流川万桜
―フッ。
(本番はこれからだよ。和桜……。)