無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

「相談」
 和桜said

あたしたちは幹部室にいる。
八神統牙
八神統牙
 んで、話ってなんだ?
流川和桜
流川和桜
 雲龍の幹部に正体がバレかけただろ?で雲龍の情報屋の“来栖燎”って奴がハッキングしてあたしの情報を探ってるんだよ。
八神統牙
八神統牙
 それがどうした?
流川和桜
流川和桜
 あたしの情報って、琉己の手でハッキングできないようになってるじゃん?
その、情報をハッキングできるようにしてほしいと思って。
 起こられる覚悟で聞いてみた。
八神統牙
八神統牙
 あ?何いってんだよ。
 案の定、きつく言われた。
流川和桜
流川和桜
 どうせなら、ばらした方がいいと思って。
十六夜琉己
十六夜琉己
 まぁ、いいんじゃないですか?どうせバレると思いますし。
烏水琥珀
烏水琥珀
 俺も賛成。名が知られている方がいいと思う。
流川和桜
流川和桜
 統牙、いい?
八神統牙
八神統牙
 ……わーったよ。
流川和桜
流川和桜
 ありがとう。雲龍とは正々堂々勝負したいんだ!
 早速、あたしの情報をハッキングできるように、琉己に設定してもらった。
八神統牙
八神統牙
 お前、危ないことはするなよ。何かをするなら、俺に言ってからにしろ。
流川和桜
流川和桜
 分かってる。
ありがとう。
 統牙の言葉に、あたしは感謝の気持ちでいっぱいだった。