無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第59話

「ムカつく」
 和桜said

あたしは、自分の部屋に入り電気をつけた。一応、掃除はされていた。

とりあえず、ベットに座りスマホをいじる。
 ─数十分後
叔母さん
 和桜~!ご飯いるの~?
 1階から叔母の声が聞こえた。
 今まで、あたしに厳しかったのになんなの……?
あぁ、マジで腹立ってくる。
流川和桜
流川和桜
 ハァ……

今行くー!!
 あたしは、イライラする気持ちを押し殺して返事をした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 目の前に並べられた夕食。良い匂いがする。
久しぶりに家でご飯食べるなー。
万桜&和桜
 “いただきます”
 あたしと万桜は声を揃えて言った。
叔母さん
 はい、どーぞ。
 叔母は相変わらずニコニコしている。
……なんか調子狂う。
 談笑しながら、夕食を食べた。
万桜&和桜
 “ごちそうさまでした”
叔母さん
 お粗末様でした。
 洗い物を叔母の代わりにやろうとしたら、“やんなくて良いのよ“と言われ、椅子に座った。