無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

「再び…」
 和桜said
 只今の時刻、17:30。
……あぁ、完全にやってしまった。絶対に怒られるよ。
 あたしは今、倉庫の目の前にいる。統牙の怒っている表情を想像するとなかなか中に入れない。
深呼吸を何回かして、倉庫のドアを開けた。
 ガラガラ……。
八神統牙
八神統牙
 ……やっと、来たか。
 目の前に統牙がたっていて、少し驚いた。
怒ってはいないようだが、明らかに心配していることが伝わってくる。
流川和桜
流川和桜
 ごめん!担任に呼び出されて遅くなった。
八神統牙
八神統牙
 心配したんだぞ。まあ、ちゃんと来てくれたから許すけど。
流川和桜
流川和桜
ん…。ありがと。
八神統牙
八神統牙
 それよりも、今日倉庫に来てもらった理由わかるか?
 さっきとは一転して、なんだか楽しそうな雰囲気をかもしだしていた。
流川和桜
流川和桜
 え?理由?分かんない。
八神統牙
八神統牙
 今日から一週間、稽古をいつもの倍やるから呼んだんだよ。
 うわ、完全に忘れてた。今日1日マジで最悪なんだけど。
流川和桜
流川和桜
 最悪…。 (ボソッ)
八神統牙
八神統牙
 なんか言ったか?
流川和桜
流川和桜
 いやぁ、何でもないよー
八神統牙
八神統牙
 まあいい。さっそく始めるぞ!
流川和桜
流川和桜
 う゛ッ…、はぁい…。
 今週一週間、絶対学校に行けないわ……。あたしの体がもたない。