無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

「噂」
 和桜said

学校のみんなに正体がバレないようにしていたのも、ハッキングできないようにしていた理由のひとつでもある。
しかし、ハッキングできるようになったためか、いろんな噂が広まっている。
学校の廊下を歩くだけで怯えられる。
流川和桜
流川和桜
(はぁ、それくらいでびびんなよ。ダセェな。)
 生徒の様子に呆れながら教室に入った。
生徒
 最強の奴が来たよ。
生徒
こわー
生徒
暴走族は学校に来んなよ。
 そんなことをいってる奴らに向かって、殺気を出した。
すると、教室にいた全員がビクッとして固まった。
流川和桜
流川和桜
(あいつらだけに出したのに、全員がびびるなんて、笑えるんだけどw)
 今日1日であたしの情報は学校中に広がった。
流川和桜
流川和桜
 (楽しい祭りの始まりだ。)