無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

「約束の時間」
 統牙said
八神統牙
八神統牙
(あいつ、電話してんのになんで出ないんだ?約束の時間も過ぎたし。)
八神統牙
八神統牙
 なあ、琉己。和桜は何してると思う?
 気になった俺は副総長の琉己に尋ねてみた。
十六夜琉己
十六夜琉己
 さぁ?また不良にでも絡まれているんじゃないのか?
 琉己の言葉を聞いた俺は嫌な予感がした。俺は、和桜のことを確かめようと椅子から立った。

―すると

ガラガラ……
倉庫の扉が開いた。そこにいたのは和桜だった。
流川和桜
流川和桜
 っ!ごめん!統牙。屋上で寝過ごした挙げ句、担任に捕まって………
 俺を見た和桜は焦っている。たが、俺は気にせず和桜に近づく、そして俺は和桜に爽やかな笑顔を向けた。