無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

「2日目終了!」
 和桜said

キーンコーンカーンコーン………
いつの間にか、2日目の最後のテストが終わっていた。
流川和桜
流川和桜
(この2日間早かったなぁー)
 そう思いながら、SHRで先生の話を聞いていた。
 先生の長ったらしい話が終わりやっと解放された。ぽけーっとしながら話を聞いていたら覚えてはいない。気づいたから、教室にはあたし1人しかいなかった。
 帰ろうと、昇降口に向かって歩いた。
 靴箱に靴を入れていると、声をかけられた。
八神統牙
八神統牙
 よう、和桜。お疲れ。
 声の主の正体は統牙だった。
流川和桜
流川和桜
 …………お疲れ。
八神統牙
八神統牙
 一緒に帰ろうぜ。
流川和桜
流川和桜
 いいよ。
 オレンジに染まっている空の下をあたしたちは並んで歩いた。
八神統牙
八神統牙
 なあ、テストの結果っていつ分かるんだ?
流川和桜
流川和桜
 5日後くらいかなぁ。上位10名の名前が学年ごとに廊下に張り出されるよ。
八神統牙
八神統牙
 へぇーそうなんだ。
流川和桜
流川和桜
……………うん。
八神統牙
八神統牙
どうした?なんか元気無いな。
大丈夫か?
流川和桜
流川和桜
 ん~、ちょっとテストの結果が心配で……
八神統牙
八神統牙
 まあ、お前が姉に負けたとしても、稽古が増えるだけだから安心しろ。
流川和桜
流川和桜
 “だけ”って、ひどいよー。
八神統牙
八神統牙
 まあまあ。
ほら、さっさと帰るぞ。
 そんな会話をしながらあたしたちは帰った。