無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

「久しぶりの家」
 和桜said
流川和桜
流川和桜
 ただいま………。
叔母さん
 おかえり~って………和桜!
アンタ、家に帰って来ないでなにやってんの?
 コイツの一言であたしの機嫌は一気に悪くなる。
流川和桜
流川和桜
 ハァ……。
別にいいでしょ……?
 そう言って自分の部屋に向かって行こうと階段に目を向けると、丁度そこに万桜がいた。
流川万桜
流川万桜
 あっ、和桜おかえり!
流川和桜
流川和桜
……………………………。
 なんか、その顔が気持ち悪くて……。
あたしは素通りして階段を登った。
 すると、すれ違いざまにあたしにしか聞こえない声でささやいてきた。
流川万桜
流川万桜
 次は、お見舞いに行くからね……?
流川和桜
流川和桜
 勝手にすれば (ボソッ)
 あたしはそう返して、今度こそ自分の部屋に向かった。