無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

「よかった……、でも……」
 万桜said
佐々木香織
佐々木香織
 まーおっ!
おはよう。また1位だね。
 香織に背中をバシッと叩かれた。
流川万桜
流川万桜
 んー…まあね。
佐々木香織
佐々木香織
 どしたの?なんか納得してないみたいだけど。
 今回も、和桜に勝ったけどたった1点差。そろそろ、まずいかもしれないな……。あの彼氏も相当頭良いみたいだし。
佐々木香織
佐々木香織
 ─お…。万桜!
流川万桜
流川万桜
 うわぁ!
何?香織。どうしたの?
佐々木香織
佐々木香織
 “どうしたの”はこっちのセリフだよ。何考えてたの?
 “ヤバイ”なんて言えないよ…。
流川万桜
流川万桜
 いや、なんでもないよ!教室入ろ!!
佐々木香織
佐々木香織
 んー…なら良いんだけどさ。
 わたしは心配してくる香織と教室に入った。