第40話

35
980
2021/12/18 11:22


あなたside






9時…




あもう行かなきゃ。今日はどんな撮影なんだろ







prrrrrrrrr prrrrrrrrr prrrrrrrr




ありゃ、マネさんからだ








あなた:「もしもし( °∇^)]もう今から出ますy」






















マネ:「もう今日から来なくて良いよ」





あなた:「えっ…とどういう?」

























………











え嘘…








森の方の公園で誰もいなかったはずなのに…






あなた:「ッ…分かりました…。」








マネ:「ごめんね、あと接触禁止命令が出てるから…会わないように」






あなた:「柾哉とですか…?」





マネ:「そう」






あなた:「はい…。今までありがとうございました」





マネ:「また遊びに行くからね…」





あなた:「グスッはい(*´∇`*)」





マネ:「じゃあまた会う日まで」





あなた:「失礼します」







最近ほとんど携帯さわってなかったから気付かなかった…。















「🔍️木村柾哉 藤牧京介 妹」










熱愛報道
木村柾哉と藤牧京介の妹熱愛か

○月△日(土)2人が抱き締めあっている写真がInstagramに拡散された。







ひどい…








柾哉は思いを伝えてくれただけなのに…











いっつもそうだ。














人間の勝手な被害妄想で一部の人が傷つけられる












忘れてた。この世界って理不尽の塊だった。











でも一体誰が……










私が京介の妹って何で分かったの?














いや知ってた…?














私の身近にいる人…?












Prrrrrrrrrrrr Prrrrrrrrrrrrr







あなた:「すみません、少し聞きたいことがあるんですが…」


その夜







あなた:「ん~…( ゚д゚)ハッ!」







もう9時か…














精神的に疲れたんやな。良く頑張った。


















柾哉今何してるんだろ…













ピンポーン















あなた:「はいよ」










あなた:「…京介」











京介:「大変だったね」












あなた:「うん…とにかく入って寒かったやろ」













京介:「あなたのことで頭いっぱいだったからそんなの考える暇無かった」








あなた:「ありがとう」









あなた:「…いつ聞いた?」







京介:「練習始まってから20分くらい。社長が直々に練習場まで来て話してくれた。「木村くんも辛いだろうからあまり負荷をかけないように」って」









あなた:「社長がいい人で良かった…」






京介:「辛かったやろ?我慢せんでいいよ。」








あえて"泣いてもいいよ"の言葉を選ばなかった京介の優しさが目に見える。








あなた:「ずっと我慢しとった…グスッ柾哉何にも悪くないのに」








京介:「分かっとる。分かっとるよ。少なくとも俺らメンバー、マネ、社長は味方やからいつでも相談しにおいで。」








京介:「大丈夫。あなたも柾哉も誰も悪くないよ」








あなた:「京介の妹で良かった…。いつもありがと…」







京介:「( ´ー`)ごはん食べよっか?お兄ちゃんがあなたの好きなオムライス作ってあげるから!!!笑笑」










やっぱり一番安心するのも大好きなのも結局京介だ。







ありがとね